御亭山(512.9m)
愛宕山・飯綱山・岡沢ボッチ・岡沢の頭・八塩沢の頭

 某巨大放送局の「てっぱん」が佳境に入ってPさんの目が釘付け状態、南はご免のやや花粉症ぎみのS&P、今日ものんびり8時16分に出発です。

             西から御亭山
 

2011年03月10日のお山めぐりは大田原市(旧黒羽)の御亭山(こてやさん)です。

 黒羽田町信号そばにある田町蔵屋敷公園駐車場から10時17分に出発です。隣の八雲神社を見上げて東進、橋を渡って右折しJAの裏へ左折して登山口の愛宕神社参道です。

 石段は途中まで数えていましたが、くしゃみ一発記憶喪失。長い石段は10分で終了でした。傾斜が緩んで左に案内板と参道が続いています。少し左へ入って愛宕神社を参拝、すぐに戻って南下します。

 左下から来る幅広道の丁字路分岐は右へ、登り切って左のピークへ行ってみるが何もなしです。幅広道へ戻って南下、Y字路の真ん中を赤テープがお誘いしています。登って行く途中は参道らしき石段、ピークは平頂、飯綱山の板がありますがお社は残骸もありません。   

         田町蔵屋敷公園P         愛宕山の板            飯綱山
  

 赤テープが点々と続く黒木の中を緩く下った細尾根には「あと5km」の案内板、道は緩く登ってはまた下ります。

 11時ちょうどに「岡沢ボッチ286m」のピーク、下って行くと左下から作業道が登ってきており、先で合流です。明るい道から黒木の中の逆Y字路は右へ、次の二又には残り「あと4km」の文字板があります。

 細尾根から右に巻く歩道を進んで11時29分、「あと3km」の板、さらに4分進んでもう一枚「あと3km」の板が続き、11時34分に「岡沢の頭380m」の板がかかっていました。左上へ3分でピークをタッチ、戻る途中で左上に進む道へ出て登りますが、さっきのピークを右へ進むのが正解でした。

 幅広道を登って11時54分、左側に4段に案内板等がならんでおり、ここが「八塩沢の頭462m」となっていました。        

            岡沢ボッチ                反対(右)側八塩沢の頭の板
  

 帰路は右下の下ることにして、直進すると雑木の明るい道になって右下に舗装路が見えます。下った道は右の舗装路にも出られますが、左の山道を選択です。さらに進んでいったん右の舗装路へ出て1分で左の山道に入ります。

 休憩舎の杉林を登って右に展望、道は左に緩く登って変形十字路、ここは右上に進んでみます。登り切ってあずまやのあるピークは「希望の峰」の板がかかり、180度の展望が広がっていました。

 いったん下って登り返しは完全な遊歩道、登り切って12時15分に再訪の御亭山の山頂でした。

     

           希望の峰              三角点           南東方向
  

 山頂西斜面のテーブルベンチでエネルギー補給ですが風が冷たくてすぐに撤収です往路を戻ることにして、12時43分に出発です。

 希望の峰下から右へ尾根を下るか迷いましたが、当初予定通り八塩沢の頭から西に下る破線路を辿ることにしました。

 八塩沢の頭から左に下り、12時50分に舗装路へ出て右折、道なりに左に半円形を描いて進んで、2時08分に破線路尾根を南北に分断した地点の先から右に入る未舗装林道を下ります。GPSを確認すると途中から破線路に乗ったようです。

 日暮沢沿いになって炭焼き小屋と思われる建物前を通過、右上にゴルフ場を見て13時42分に日暮集落を走る舗装路に飛び出しました。

 右折して神社の鳥居を探し、石仏を見ながら駐車場には14時12分の到着でした.。


 駐車場所(0:09)登山口(0:08)愛宕山名板(0:01)愛宕山(0:01)愛宕山分岐(0:11)飯綱山(0:09)岡沢ボッチ(0:34)岡沢の頭(0:20)八塩沢の頭(0:16)希望の峰(0:04)御亭山(0:14)八塩沢の頭(0:02)舗装路(0:08)未舗装林道入口(0:34)舗装路(0:27)駐車場所

 所要時間は3時間55分(歩行3時間18分)、展望の山旅でした。

 さすが八溝林業地帯の旧黒羽町、たっぷり花粉が舞っていたようで、目がざらついてかゆみあり、おまけにくしゃみの連発でした。


                  GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

 
     前のページへ      2011年の山       次のページへ
                
                しろうと山ヤの部屋トップページへ