駒止湿原(2015‐3・4・5・6)

 
困った時の会津版のお山はここです。
Pさんの御依頼の買い出しのあとでいつものランチハイク


「駒止湿原 3」「同 4」「同 5」は、
下の「駒止湿原 6」の末尾にあります。




駒止湿原 6  2015年09月12日

大雨の後でちょっと心配だったのですが

館岩方面は通行止の板・田島から西進、南郷方面が通行止の板
奥の静川でも通行止ですがどこなのか表示がありません。
針生集落から駒止湿原への道は集奥で通行止でした。

5月14日の駒止湿原の場所から出発です。
後ろから追い抜いていったバイクがすぐに戻ってきました。
やっぱりねえ!

   
ここから出発      土砂が     舗装路は分断消滅 
  

歩いて30分で舗装路は完璧に沢でした。
沢装備なら奥に進んで行けそうですがここで撤収です。

ちなみに南郷方面へ行ってみました。
スキー場入口よリ先で土砂撤去中とのことでした。



8月27日へ     2015年の山     次のページへ

   ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ




 駒止湿原 5  2015年08月27日

 今日はオーソドックスに南会津側からですが・・・。

 

 駒止トンネルを旧南郷に抜けてお野菜をゲットして駒止峠を越えて東進、昔あった駒止茶屋(だったかな?)跡、今は大型の駐車場に車を停めて右下にある茶屋清水を覗いてきました。最近きれいに笹刈りされたようでした。

      
トリカブト        下に茶屋清水
  

 さて、一服してから駒止湿原の駐車場ですが、平日の今日は車は数台でした。

 背丈が伸びたタチアザミ、咲き始めのリンドウ、終了気味のミズギク、湿原をよく見ればウメバチソウが咲き始めていました。お初のアカバナ、前回終了気味だったサワギキョウは完璧終了と思いきや、その先左側に満開を越したばかりの個体が残っていました。

    
アカバナだろう    ミズギクとサワギキョウ
  

 先行4人の男女の先に出て白樺谷地から水無谷地へ、3人の若い男女とスライド、水無谷地の奥でこちらにはないと思っていたサワギキョウの小団体さん3か所に当たりました。

 今日はこれまで終了間近のヤナギランを見て約2時間のお散歩終了でした。

   8月22日へ     2015年の山     次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ



 
駒止湿原 4  2015年08月08日

 今日はお初の昭和村側からです。

 昭和村へ入って、まずは冷湖の霊泉で水汲みです。昭和村側駐車場は駒止峠付近からも入れるが、今日は旧南郷村経由です。

    
冷湖(ひやっこ)の霊泉      右端が昭和側駐車場
  

 すぐ湿原と思ったものの、いったん下ってから登り返しで結構長い。

    
昭和側駐車場     いったん下ってから
  

 見慣れた水無谷地湿原入口の案内板を見て湿原へ入って行くと、前回7月31日にはなかった木道が新しく補修されていた。

     
補修が新しい   カキラン残り花    タチアザミ
   

 白樺谷地の花はほとんどなし、大谷地湿原へ向かう途中でヤナギラン、湿原にあった花ではないがマメ科の花ツルフジバカマ?(後でじっくり調べてみます。)、ヤマハハコを見て・・・。

       
?            ヤマハハコ
  

 大谷地湿原のコオニユリ・コバギボウシ・コバノトンボソウ・キンコウカはほぼ終了、コバイケイソウ・サワギキョウも終了していたが、ミズギクは満開状態でした。ところでお初のミズチドリを発見です。

      
ミズギク          ミズチドリ
  

 所要時間は休憩込みで2時間02分でした。

 参考 駒止湿原散策ガイドブック『駒止湿原』
     (南会津の自然を守る会)・・・湿原入口Pで去年入手300円

   8月05日へ      2015年の山      8月12日へ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ


 駒止湿原 3  2015年07月31日

   コオニユリ コバギボウシ ネジバナ拡大  カキラン
     
 コバノトンボソウ オニノヤガラ キンコウカ モウセンゴケ
     
   ヤナギラン クロヅル?   ミズギク   ヒヨドリバナ
     

 湿原入口Pで監視員の方から「最近クマさん出没」「カキランは今が満開」との情報をいただきました。ザックのカウベルを確認して出発ですが、湿原入口への登山道にはオトギリソウ、ウツボグサなどが咲いていました。

  7月27日へ      2015年の山      
8月01日へ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ