駒止湿原(2015‐2)

ちょっとお疲れ気味のS&P
お天気もお疲れ気味でお空も冴えません。
今日はしばらくぶりに南会津町へ・・・。


ハイカーと駒止湿原
 2015年07月02日のお山めぐりはランチハイクで駒止湿原のお花を見に行くことにしました。

 南会津町(旧田島)の駒止湿原駐車場は12時00分のスタートです。


 前回5月14日からは2カ月近く、でも去年(クリック)の2回目と3回目の中間の日程ですが、どんな花が咲いているでしょうか?

 湿原に入ってすぐにヒオウギアヤメ、花芽を多く抱えたニッコウキスゲが目につきました。なんとかワタスゲも残っています。どうやらワタスゲとコバイケイソウは衰退期、サワラン、トキソウ、ツルコケモモ、ヒオウギアヤメ、シャクナゲは満開期、ニッコウキスゲは見ごろを迎えつつあるようです。

    ワタスゲ     サワラン   ツルコケモモ      トキソウ  ニッコウキスゲ
     

 大谷地湿原には22人のバスのグループほか数人ずつのグループが撮影に勤しんでいました。

 白樺谷地ではコケモモが木道沿いにあります。次の水無谷地はヒオウギアヤメが全開状態でした。最奥で監視員の男性とスライド、途中で見た3本の見慣れぬ植物について教えていただきました。植物は「オニノヤガラ」でそこにしかないそうです。

  
オニノヤガラ       シャクナゲ            ヒオウギアヤメ
   

 今日は2時間18分、満足の花旅でした。

      
駒止湿原略図(現地の案内板)
 

  前のページへ      2015年の山      次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ