小地蔵岳
再訪の小地蔵岳(1574m)長七郎山(1579.1m)


オイル交換時期と重なり、半径150k以内がリミット、
おりしも天気は4日のみ山行き可、予定の尾瀬はブルー(雨)でした。
さてさて何処にまいりましょうか。

 
 小沼上の舗装路から小地蔵岳
 2014年10月04日のお山めぐりは赤城山の一ピーク、地形図無名峰で再訪の小地蔵岳から長七郎山(ここをクリック)にしました。 

 赤城は未踏の小黒檜山がありますが、あちらは薮でスズメバチがまだ怖い。今日は初めての利平茶屋森林公園から歩くことにしました。

 7時37分に同公園駐車場から出発、右に寛政の石の不動様を見てゲート脇をすり抜けて奥へ、ジグザグ登りでログのコテージ脇を入って行きます。右に大き目の板、その先に伏木の階段道が見えます。

 右への登りから左に方向を変え、両側の笹が消えて露岩の登山道になります。右上に出てきた岩壁には今を盛りのダイモンジソウが咲いていました。さらに進んで同じく右上の岩壁、凹んだ穴の近辺にはイワタバコらしき幅広の葉っぱがいくつか見えます。

   
ゲートから5分の登山口   登山道に露岩が   岩壁にダイモンジソウ
   

 丁字路分岐を過ぎて開けた斜面の沢を右から左に横断、ここは地図上は直角に曲がっている地点でした。道はほぼ水平、色づき始めた赤のモミジが目に入り始めました。ほどなくモノレール(モノラック?)に廃タイヤのあるケーブル軌道の階段道に出ます。左下は御神水への下り、お山は右上の階段道も行けそうですが、Pさんから×のサインで反対側に横断します。すぐに字の消えかかった案内板とテープがあります。

 大きくトラバース気味の登り、そして小地蔵岳から東に下る支尾根に出て左上へ方向変換になります。この辺りからツツジの紅葉が目につき始めました。最初は緩い登り、次に尾根を離れて大きく右へ、ここからジグザグ登りで高度を上げて地図上の実線路に出ます。鳥居峠は0.3kmの案内板を見て右へ進みます。

 いい匂いがして右の売店の建物を見ながら車止めのゲートを通過、11時12分に左上の登山道に入って行きます。すぐ上で正面に色づき始めた覚満淵を見て、エネルギー補給で10分の休憩です。

     
ケーブル軌道へ         鳥居峠の売店へ
  

 再スタートで小地蔵岳の右側をゆるく登って階段道が現れたところで左にスズメバチ注意の板、おっかなびっくりへっぴり腰のしぼれは抜き足差し足で辺りを注意しながら登って行きます。無事登り切って丁字路は左折し長七郎山へ向かいます。

 14分で左に案内板、左上が小地蔵岳です。(この時まで頭の中は未踏でしたが、確かに前回往復していました。)名板だけデジカメに落としてすぐに撤収、今度は長七郎山です。左にときどき展望が開け、利平茶屋森林公園の駐車場が見えます。再訪の山頂には12時19分の到着、27分ほど休憩です。前回は雲に包まれて見えなかった荒山、その右に榛名連山、地蔵岳もまる見えでした。

    
  小地蔵岳            長七郎山から荒山
  

 帰路は前回同様荒山方面に向かって下り、小沼経由にしました。舗装路に出て考慮、気温も低く、先ほど無事通過したとはいえ、リスクは避けることにしました。そのまま舗装路を下って鳥居峠へ、抜かれたバスから降りた団体さんが覚満淵へ下って行きます。

 私たちは駐車場を横断し、13時36分「御神水入口⇒」の板に誘われて、ケーブル軌道の斜面に付いたコンクリートの階段の下りを選択です。左右の石垣、特に右側にダイモンジソウ、リンドウ、トリカブトほかの草花を見ながらゆっくり下ります。

    
鳥居峠から覚満淵     鳥居峠からから軌道敷を下る
  

 階段道の下部で廃タイヤの横断地点から少し下って御神水に寄り道、戻って左に往路を辿ります。帰りは岩壁を観察、駐車場所には14時43分の到着、周りにあった4台の先客の車はなく、3台が増えていました。着替えをしていたら男性ハイカー1名が戻ってきました。残り2台はBBQの家族のもののようでした。

 駐車場(0:11)登山口(0:46)軌道敷下部(0:33)鳥居峠(0:40)小地蔵岳(0:16)長七郎山(0:27)小沼駐車場(0:23)鳥居峠(0:14)軌道敷下部(0:03)御神水(0:04)軌道敷下部(0:36)登山口(0:10)駐車場


 所要時間は5時間6分(歩行4時間23分)、展望、ちょい紅葉のピークハントでした。


         GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
半径150km以内のお山で急きょリストアップ、歩いてからネット情報を確認はいつものことですが、鳥居峠北の小さなピークは篭山というそうです。2つのページからアカヤシオの時期がよさそうでした。これはマイナールートのストックに戻しました。気温が低かったか?スズメバチには会わずに済みました。もう少しで大手を振って藪山入りできそうですね。

  前のページへ       2014年の山      次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ