甲武信ヶ岳
甲武信ヶ岳(2475m)・三宝山(2483m)
武信白岩山中央峰・大山(2225m)

 
そろそろスズメバチが騒がしくなってくる頃です。
登山道が完備し情報が多いお山か、登り出し標高の高いお山へシフトのS&P、天候がよさそうな今日明日と少しだけ遠出することにしました。
 
三宝山から左は木賊山
右が甲武信ヶ岳


 
 2013年08月27日のお山めぐりは山梨・埼玉・長野県境にある甲武信ヶ岳にしました。

 無理すれば日帰りも可能と思いますが、Pさんから「待った」がかかり、毛木平前泊ですが、停まっている車は数台でした。
 
 朝方着いた群馬ナンバーさん2名とともに相次いで車泊の男性がスタート、私たちも10分ほど遅れて6時42分の出発です。

 幅広い登山道を進んですぐに左に三峰大権現の石碑、辺りはマルハダケブキが最盛期、登山道沿いに次々と現れます。最初こそ雨が降ってなかったものの、ポツリポツリとやってきました。トリカブト、ハナイカリを見て道が沢を離れて右上に進んだ辺りで雨具をつけることにしました。ここで後から来た単独行の男性が追い抜いて行きます。

 滑滝では2人の男性が休んでいました。ここまで休憩込2時間10分、ちょっとかかり過ぎているようです。ここの案内板は水源地まで2km、次いで1.8km、0.9km、0.35kmとあり、途中で雨が上がり日がさしてきました。ここまでスライドは3組5人、千曲川信濃川水源地では先行の群馬ナンバーさん2名が休憩中で、湧水地は枯れているそうです。入れ替わりに私たちは10分程休憩して後を追って登って行きます。

 
毛木平駐車場はこれに+2台  登山道らしくなって    水場は枯れていた
   

 尾根の丁字路分岐は少し進んで右に展望地があり、左上に甲武信ヶ岳が目に入りました。青空で天気予報は当たりでした。左下の登山道へ戻って樹林帯から周囲が開けた登りになって11時28分に男女数名のいる甲武信ヶ岳の山頂に到着でした。

 
途中の展望所から甲武信ヶ岳     甲武信ヶ岳にて
  

 ここは大展望ですが、残念遠くのお山は雲に隠れて見えません。山頂から少し下の狭い平地でザックをおろしてエネルギー補給兼作戦会議です。Pさんの足の具合と相談し、ピストン+2時間として埼玉県の最高峰の三宝山経由で下ることにしました。風が強くなってきて雨具の上着を羽織ります。先ほどまで雲がかかっていた金峰山が見えてきましたが、見えるはずの富士山は相変わらず雲の中でした。

  
甲武信ヶ岳から    ↓国師ヶ岳↓金峰山     ↓八ヶ岳
 

 12時12分に撤収、こちらに向かうのは私たちだけだったようです。3つ程小さなコブを越えて登り返しの背後には木の間に甲武信ヶ岳が浮かんでいます。山宝岩の案内板はそのまま通過、山頂手前で左の岩から冒頭の景色が飛び込んできました。12時55分に到着の三宝山には大きな一等三角点がお待ちでした。

 奥に進んで少し下った鞍部は「尻岩」の案内板で4分程休憩兼撮影タイム、登り返しは岩が出てきます。よく見れば登山道は左方向に進んでいます。大きな岩には赤ペンキで矢印、ここにはダイモンジソウがいくつか咲いていたが画像はピンボケでした。尾根の左を巻いて案内板の木柱を過ぎていったん下ってからの登り返しは岩道で展望が開けます。

     
三宝山の山頂          尻岩はこれか?
  

 鎖付きの梯子を登って14時13分に右に展望、背後に越えてきた三宝山が大きい。正面の岩峰は武信白岩山でしょう。あとでネットを手繰っていたらこちらは北峰のようで、見ていたところが武信白岩山中央峰でした。鎖場を下って右の白っぽい岩を見上げながら左から巻いて行きます。少し右に登り返して14時19分、背後を見ると赤ペンキで「×」とロープ、登山禁止のようです。

 岩道を下る途中で右に展望が開けます。案内柱を過ぎて14時47分に正面が開けて大山(2225m)が目に入ります。最後は急登、3回息つきして15時03分にほぼ360度展望の大山の山頂でした。

   
武信白岩山北峰らしい          大山
  
  
大山から         ↓両神山 
 

 エネルギー補給で13分程休憩、15時16分に出発、急降下の下りは鎖が3本続いていました。木の根が張り出した尾根を下り、十文字小屋を通過、普請中の男性と言葉を交わして先の分岐から左下の毛木平へ下ります。道は明瞭ですが最初はやや登り、尾根を越えてジグザグ急降下し枯れ沢沿いに下りです。

 沢を右(右岸)に渡ってカラマツ林のジグザグ下りから、再び沢を左(左岸)に渡って立派な橋を渡ると朝方通過の分岐に出て右折、駐車場所には17時15分の到着でした。

 毛木平駐車場(2:05)滑滝(1:21)千曲川・信濃川水源地標(1:01)甲武信ヶ岳(0:43)三宝山(0:31)尻岩(0:38)武信白岩山中央峰(0:49)大山(0:34)十文字峠分岐(1:24)毛木平駐車場

 所要時間は10時間33分(歩行9時間06分)、展望の山歩きでした。
 
 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「居倉」
     川上村のホームページ⇒「観光案内」⇒「登山・ハイキング」
     山と高原地図「金峰山・甲武信」

 ※ 今回メジャーコースのため、小修理中のGPSは携帯しませんでした。
    登山地図は上記「川上村」のページにあります。

 
Pさんがどの程度復調しているか試してみました。甲武信ヶ岳の山頂に着くまではピストンかと思っていましたが、おみ足は6:4で奥へと言っているようでした。大山は360度の展望峰でちょっとお得感のあるお山で大満足、Pさんの足も復活してきたようです。帰ってからのネット情報では武信白岩山は南峰に山名板があったようでちょっと残念な気がしました。

 前のページへ        2013年の山        次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ