不二山富士山

不二山(285.6m)編

 所用で新潟へ、会津方面は強風で群馬回りでお出かけです。ついでにいつも通り過ぎていた小さなお山へ寄り道・・・。
 
駐車場付近から

 2012年05月12日のお山めぐりは桐生市(旧新里村)の不二山です。

 「ぐんま昆虫の森」の施設内にある不二山は遊歩道の案内板では「ふじ山」となっていました。

 駐車場から10時14分にスタート、受付で大人400円を支払って入場、不二山南西部の舗装の遊歩道に「ふじ山」の案内板があります。ツツジが満開の右上に登ると背後に頭を雲で隠された浅間山方面が開けています。

 舗装路に出て左へ進むと再び「ふじ山」の板、ここから右に入る未舗装の遊歩道はやや下り加減になって三たび案内板が左上の階段道に誘います。山頂付近になって岩場をジグザグ登りで石祠、三角点、山名記入の標柱のある山頂は樹木に囲まれて展望はありません。

  
  案内板         浅間山方面              山頂
   

 帰路は北に未舗装の遊歩道を歩いてみました。しぼれの生家付近では見られなくなったキンランのある未舗装遊歩道の十字路は直進、樹林が開けて左奥にかやぶき屋根の民家、その奥に赤城連山が浮かんでいました。

 所要時間は39分、ピークハントだけなら20分程度でしょう。

 駐車場所(0:12)山頂(0:09)藁葺屋根民家(0:12)駐車場

 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「」
     富士市HP「ふるさとの富士」

   GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 

富士山(564.3m)編
道の駅「おのこ」から

 2012年05月12日午後のお山めぐりは渋川市の富士山(ふじやま)です。

 道の駅から歩けば2時間程度のハイキングでしょうか、でもピークの北側に舗装林道が入っているようで、最近歩いた小野子山登山口へ向かって車を走らせた。

 途中から右へ進んで、ピーク北側の鞍部を横切る地点に駐車し出発します。ピーク側にカーブミラー、その脇にコンクリート舗装の道が登っていました。いったん緩んだところで舗装は終了、未舗装の道を登って右に石祠、最高点付近は木にテープが巻かれているだけです。

 少し先(南)に下って左に石祠と三角点、その先はパラグライダーフライト施設だったところで赤城から榛名まで展望が開けていました。

 ふーっいい景色です。しばらくぼんやりと眺めてから撤収でした。

 
 コンクリート道        三角点                榛名山
   
 
 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「」
     富士市HPの「ふるさとの富士」
         GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号 平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
展望をデジカメに収めて下部を確認してみると、尾根伝いに南西から道が登ってきていました。これは下の田野入からの参拝路か?帰路上記画像左端の集落の男性から情報収集です。この道はパラグライダー施設用、奥のコンクリート舗装路も同様とのことでした。

 前のページへ       2012年の山       次のページへ

         しろうと山ヤの部屋トップページへ