古倉山(1650m)・剣先(1723m)再訪の鴫内山・黒滝山・山藤山・サル山・三石山

剣先からのパノラマ

 時間も12時近く、往路を戻る予定が黒滝山経由に予定変更です。と思ったのが・・・。シャクナゲの蕾を見ながら下って登り返しから笹また笹、途中でテープに誘われて尾根を右に外したようです。途中でGPSで確認、左よりに方向変換しますが半分寝ている根曲がり藪に思ったように進めません。そのうち鞍部右横の残雪に乗って13時15分、後を振り返ると尾根には残雪の帯、まっすぐ来ればねえ。

 少し尾根に進んで考慮、さっきの残雪から下の沢に見えた残雪に載って黒滝山への尾根に直接アクセスすることにしました。

 下りは先ほどと同じ太い笹藪、無事残雪に載って少し左へ進んで右上へ笹を掴んで体を押し上げると笹丈も低い。すぐに黒滝山への踏み跡に合流です。笹丈が低くなると出てくるのはマダニ、14時08分に黒滝山から登ってきた鴫内山から剣先への稜線を見て撤収です。

黒滝山より鴫内山から剣先方向

 2011年05月25日のお山めぐりは鴫内山から未踏の古倉山・剣先です。

 5時41分に以前使用の巡視路入口駐車場から出発です。

 送電線鉄塔を正面に見て右折、鹿よけ柵を入って鉄塔敷きは180度のパノラマが広がります。

 ヤマツツジのほかに足元にはツクバネウツギだったか赤い花が咲いています。

 あとは夏道を戻るだけです。14時43分に山藤山を通過、15時に那須見台で那須のお山をデジカメに入れます。三石山の板を見て右下へ、看板のなくなった平成ブナを過ぎ、15時58分、百村山の手前で右へ誘う明瞭な道、巻川林道近道を下って林道は16時15分の到着、ここで着替え兼エネルギー補給です。

 12分で出発、巻川林道は斜面が崩れて通行不能になっていました。よく見れば右上から巻いて反対側へ出られそうです。ゆっくり足元を確かめて迂回し下りへ、おっといけない大きなスズメバチが一匹、巣場所探しか巣の材料探しか。ここは様子見2〜3分、ハチが落ち着いたようなのでその樹木の根の左下を急いで通過し舗装路復帰です。

 山裾迂回の舗装路歩き36分で駐車場所到着でした。

黒滝山へ

13時15分の鞍部から尾根を振り返って

古倉山

笹藪へ

刈払い終了

 なんとか剣先まで行けそうということで奥に進んでみました。右下のピンクの桜が気になりますが登り返しがきつそうでパス、左の尾根を回り込んで10時39分鞍部の残雪に乗ります。末端から笹に突入ですが少し右寄りになったようです。途中から右に古倉山が目に入りました。

 笹が薄くなって11時43分に剣先の山頂へ、いい景色です。大佐飛山方面から黒滝山まで展望が広がっていました。

 尾根の左を巻く踏み跡の途中から右上に誘う赤テープに従って右上の尾根に出ます。左下からの尾根と合流し、大きな岩、境界標を見て右へ進み、丁字路へ出ます。奥からは刈り払いされた登山道が上がってきており右に分岐の字がかすれた案内板があります。

 左上に進んで7時12分、展望地です。記憶にあるのは黒木の中の急登ですが、なかなか出てきません。傾斜が緩んで少し先に針葉樹が見えてきました。やや右寄りに赤テープを追って行くとトラロープが上に誘います。

 登り切って右へ、前回は雪で隠れていた背丈を越す笹が今日は両側に立っています。7時51分に再訪の鴫内山(ここをクリック)の山頂へ、山部さんの板が待っていましたが、以前見たM字の青い板は地面にありました。

 先日のノラさんの山行きから古倉山の名前を知り、3月末に裏予定に入れてあった鴫内山から剣先をストックから出して、残雪期には見られない「怖いもの」見たさで歩いてみることにしました。

 駐車場所(2;10)鴫内山(2:33)古倉山(1:19)剣先(2:16)黒滝山(2:05))巻川林道(0:47)駐車場所

 所要時間は11時間33分(歩行11時間10分)、展望、笹藪、また笹藪、そしてマダニの藪山歩きでした。


                   GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号) この
地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



 ここのところ小さなお山のピークハントばかりで10時間超のお山は皆無でした。足慣らしなしにぶっつけ本番の今日のお山は笹また笹、腕に引っかき傷、足に隠れた倒木の打ち身の傷、しばらくはハイウェイ(整備された道)を歩きたいと思いました。 

 山名の読み方がわかりません。古倉山は「こくらやま」でしょうか、剣先は「つるぎさき」それとも「けんさき」、とりあえず五十音順の方は「けんさき」としておきましたが・・・。

        前のページへ      2011年の山      次のページへ

                 しろうと山ヤの部屋トップページへ

7時12分の展望地から

鉄塔から鴫内山方面

 今日はさらに奥に入って行きます。笹が低い尾根は赤テープが誘いますが、笹の背が立ってくると幅広刈り払いが出てきました。8時58分に刈り払いが終了、左の木の間の展望を見て笹やぶに突進です。

 時おり頭をあげて前後を確認、木の高い所にテープが巻かれています。正面の高みを避けて少し右へテープが誘います。10時24分、太い木が立っている古倉山の山頂でした。