茨城のお山めぐり
 鐘転山(218m)・難台山(553m)・愛宕山(306m)

 今週の天気予報はめまぐるしく変わっています。本当は会津のお山に行く予定だったのですが、あまり芳しくありません。ということで、ヒノキの花粉は出てきていますが、スギ花粉は最盛期を越した茨城の南部(?)の笠間市近辺に桜を求めて行ってみることにしました。


愛宕山から鐘転山

鐘転山編

 2007年3月31日のお山めぐりは茨城県笠間市(旧岩間町)の鐘転山から難台山、もどって尾根伝いにある愛宕山です。

 9時30分に鐘転山直下にある隠沢観音の駐車場から出発です。鐘転山は「かねころばしやま」と呼ぶようです。
 石段を登り、お堂の左方にある案内板から裏手の杉林のジグザグ道を登ります。道は孟宗竹などで整備されています。
 登りきると視界があけて正面に大きく鐘転山を見上げることになります。足元にはスミレが咲き誇っています。

隠沢観音参道

左に案内板

鐘転山の山頂

 右に登山道は進み、今度は左に白地に赤の矢印の案内板があります。ほどなく十二所権現の石祠と説明版があります。道はいったん下って登り返します。雑木のジグザグ登りから9時56分に山頂に到着です。

山頂にて

 SHCカワスミさんの山名表示板があります。鐘転山は泉城址の一部であったらしく、説明版が2つほどありました。

 さて、次は難台山です。10時04分に撤収し、北に向かう尾根についた登山道を進みます。掘り切り模様のくぼみを二つ越えて少しの登りで愛宕山に向かう舗装林道です。

 付近にはスミレと名前の忘れた花がさいています。

 舗装道から離れて左に登山道が進みます。嫌いな階段ですが、やむを得ません。右の笹薮にタラの芽が顔を出していました。今年初です。
 10分ほど消費時間があり、お山歩き再開です。
 展望の丘手前で満開の山桜を見つけました。10時40分に展望の丘に到着です。木の間越しに愛宕山が目に入ります。
 

タラの芽

山桜

 今日初めての男女2名とすれ違いですが、ザックもありませんので愛宕山駐車場からでしょうか。先を進むと右からくる砂利の林道に出ます。
 今度は腸の手術後経過がよかったので南山展望台まで行ってきましたという男性としばしお話、この後数名の軽装の男女とすれ違いです。
 すすきヶ原を過ぎて急登から11時03分に南山展望台です。若い父親と小さな男の子と女の子が休んでいます。展望台からはこれから向かう難台山、以前登った館岸山、このあと向かう愛宕山などが一望です。

↓館岸山

↓愛宕山

 11時05分に展望台を後にします。道はアップダウンを繰り返し、団子石峠を11時26分に通過します。峠の登山口には案内図があり、2台の車が停まっています。ここからピストンする方でしょう。

 団子石峠から3分で右に大きな団子石があります。ここから432mピークまでは急登です。
 11時43分にピークに着くと4等三角点が道の真ん中に出迎えてくれます。
 次は少々高いピークです。登る途中で2組の男女、10人近くの集団ハイカーとすれ違います。

案内図

 11時58分、獅子の鼻の展望台です。大岩の上から南に展望が広がります。今日は曇りで筑波もシルエットが薄めです。これから登りたい石岡の龍神山、柿岡富士山が薄く目に入ります。5分ほど休憩・デジカメタイムです。

↓手前小ピーク

↓龍神山(デジカメでは薄くて見えません)

 次は3分で屏風岩です。左側にすっぱりと切れ落ちた屏風岩があります。登山道は直進し、岩場を通過すると12時17分に難台山の山頂です。
 年配の男女2名がランチタイムでした。私たちもシートを敷いて一本立てることにしました。

屏風岩

石祠のある難台山の山頂

 山頂はほんの一部が開けて筑波山が目に入りますが、今日は影が薄い。
 山頂は太陽がなくなって寒くなってきたので、フリースを羽織ります。

 先の2人が出発したあと、12時39分に撤収です。

 下る途中で後から男女の声がします。はて山頂にはいなかったが・・・・・・・。とにかく足が軽いようですので、四等三角点ピークで上着を脱いでいるときに先に行ってもらいました。

 まだまだ登ってくる人がいます。団子石で記念撮影のカメラのシャッターを押して、13時14分に団子石峠を通過します。

 団子石峠からの登りで山頂にいた男女2人に追いつき、先を進みます。きつい登り返しで南山展望台に着くと先に行ってもらった男女が一休みです。きつい急坂を下って小さなピークの先で左に行った男女を見送り、ピークを上り返したその先には男女はいません。

(ピークの左下に車を停めていたようです。その後愛宕山で車が脇をする抜けていきました。)

 南山展望台から砂利道に出て、再び登山道に戻り、見晴らしの丘に戻らずに左下に向かいます。
 再び舗装道に出て左に向かうと14時06分に愛宕山の鳥居の前の駐車場に出ます。

餅つき道祖神

最奥の十三天狗石祠

鳥居付近から難台山

 14時17分に最奥の十三天狗の石祠を見て、14時20分に撤収です。帰路は往路を戻り、左に向かってから旧道を下ります。
 旧道は手入れ悪し、倒木は放置されています。再び舗装道に出て、二つの池を左に見て右に向かいます。池沿いの桜が少し咲いていましたのでデジカメに収めました。
 
 この辺りから茶色の少し大きめの飼い犬がまとわりついてきました。叱ると離れますので性格はおとなしいようです。しぼれのザックの中身の匂いが惹きつけているようです。

 15時13分に駐車場所に到着まで御同行いただきました。

まだまだの桜・しぼれはこのくらいのほうが好きです

 隠沢観音下の駐車場所(0:03)隠沢観音(0:23)鐘転山(0:15)舗装道(0:10)見晴らしの丘(0:21)南山展望台(0:19)団子石峠(0:16)432mピーク(0:31)難台山(0:24)432mピーク(0:14)団子石峠(0:50)愛宕山駐車場(0:06)山頂(0:05)駐車場(0:22)池の分岐(0:17)駐車場所
            所要4時間36分の結構きついアップダウンの山歩きでした。
                           (所要時間には休憩時間は含みません。)

    ちょっと桜には早すぎでしたが、少しの花見の気分に浸ることができました。

前のページへ
2007年の山
トップページ
次のページへ