萱場山
萱場山
(210.9m)から大小山(313.8m)

スギ花粉は去っていると思うのだが
ヤフ天の花粉情報はかなり深刻のようだ。
ひょっとしたらヒノキ花粉も含まれているのかも・・・。(未確認)
でもまあ近間で低そうなのは栃木県南のようです。


南から萱場山
 2015年04月02日のお山めぐりは地形図無名三角点峰「萱場山」から何度か歩いている大小山です。

 大小山から東に派生する尾根途中より北に下る尾根(北北東尾根)末端の神社マークから取り付く予定で麓の神明宮鳥居の道路の最奥付近に駐車します。

 南側の公園?で談笑中の2人の地元男性から駐車の可否と情報の収集です。「止めていいけど鍵かけてね。」「萱場山(かやばやま)クマいるけど何もないよ。(笑)」「そこの神社から入って行けばいいよ。」の後で9時26分に出発です。

 神明宮の鳥居をくぐって参道を登り再訪の境内にはしょうわ狛が一対、左の植林地内に道形が進んでいました。道形が消えて色あせた赤テープの案内に変わり、再び左に道形が並走する尾根は道形が右に横断する地点から急登になります。

 段々の削平地は農地の名残だろうか?左から右上に登り、大きな岩が出てきた尾根へ登ると明瞭な道形が出てきました。雑木の芽だし、木越の展望を見ながら進み、四等三角点のある萱場山には10時32分の到着です。

    
桜の下に駐車  神明宮からスタート   萱場山にて
   

 南に緩やかに下って雑木に黄色のテープが2段に巻かれた地点でGPSで現在位置をカンニング、やっぱりここが左下への方向変換地点でした。常緑樹帯を下った鞍部手前は切れ落ち、左から巻いて鞍部に出ます。松の木混じりの尾根は笹が邪魔するようになると右に切れ落ちたコブがあります。ここは登ってみれば大展望地でした。

 10時53分、右下は平地が広がり、ひょっとしたら昔のカヤ場だったのでしょうか。平地からは右の尾根から背後のゴルフ場方面の展望が開けます。背後のピークは先ほど越えてきた萱場山でしょう。

 左上にけもの道らしきところを進み、尾根の右に進む笹の林立する間を辿ります。笹が無くないり、尾根に出てきた大きな岩は右から登ります。次のピークが目に入ったころにPさんがアッと声をあげました。足元に青い小さな花がいくつか・・・。今年初めて見るフデリンドウでした。

      
展望地       フデリンドウ      萱場山
   

 緩やかな尾根からはときどき右に展望が開けます。最後の登りで直登でなく右へ巻いてメジャーな登山道と合流します。時間も12時近くで右の大小山ではなく左のピークでエネルギー補給です。展望をデジカメに収めて12時12分に撤収、大小山へ向かいます。

 既知の登山道ですが大きな岩の左右に道、左を選択すると記憶になくなった大展望が待っていました。いったん鞍部に下ってGPSが電池切れで3分ほど停滞、最後の登り返しは4度のロープが出てきます。あれっ鎖じゃなかったのかな。何度目からの大小山には12時48分の到着でした。

    
明るい尾根を   230m級東のピークから大小山
  

 おあとは超メジャーな阿夫利神社へのルート、神社に参拝し狛ちゃん不在を確認して下の駐車地の桜を見上げながら通過します。戸中の民家の花々、ソラマメの花を見て稲荷神社へ登ります。本殿横のたぶん木製のお狐様一体を見て撤収です。

 東から北に方向を変える地点で左上を見上げれば百観音の桜が満開でした。西場観音山も山頂付近の平らな尾根は桜が咲いています。川沿い左の舗装路を北上ですが、ここはGPS軌跡図のか細い紫ルートを辿るのが正解か、川沿い奥で道が消えて獣除け金網を越えることになります。

 左に萱場山ほか往路の尾根を眺めながら北上、桜が咲いている駐車場所には14時56分の到着でした。


 駐車場所(0:07)神明宮(0:53)萱場山(1:10)230m級東のピーク(0:33)大小山(0:30)阿夫利神社(0:14)稲荷神社入口(1:14)駐車場所


 所要時間は5時間30分(歩行4時間41分)、展望の山旅でした。


参考 国土地理院電子地図 「田沼」「佐野」
    ノラさんのブログ 「きままなノラの山歩き」

 
帰路の軌跡は一か所で道がなくなり、獣除けの柵を跨ぐことになります。ちょっと見にくいのですが左画像の紫の細線のように川の東側を辿るの正解でした。

 GPS軌跡図(カシミール3D使用)








 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



 
週間天気予報は雨模様が続くようでしたが、2日は朝日がさしていました。Pさん用にストックから取り出したのは茨城県の未踏峰「高館山」と佐野市の「萱場山」、花粉の状況から佐野市を選択でした。佐野市に向かうお空はどんより、心配していた天気は暫時快晴へ向かいラッキーな山旅でした。帰ってから天気予報を確認、なんと3日4日も晴れじゃないですか。


 前のページへ    2015年の山

 次のページへ

 ようこそしろうと山やの部屋トップページ