茂木町河又の無名峰(210m級)ほか2座
 
 午前中所用のS&P、時間が開いた午後は茂木の狛犬さんめぐりへ
ついでに地形図神社マークを追って・・・。

 
北から左が無名峰
 2012年12月13日のお山めぐりは茂木町河又の無名ピーク3座を歩いてきました。

 画像の右側の220m級無名峰が十二所神社のあるピーク。奥に260m級ピークがありますが、左の210m級ピークから歩いてみることにしました。

 午後14時59分の超遅いスタート、茂木町河又の関根の十字路南の路肩に駐車し、右上の石段を登ります。
 神社マークの建物は仏教系か右奥に進んで舗装路へ出ます。ここは左に登り気味に進んで墓地手前を右へ入り、210m級ピークから下っている尾根に取り付きます。今日は山内から松倉山の予定でしたが時間が遅かったのでこちらにしたものですが小藪の尾根です。

 笹を分けて登って行くとあらあら若干ダレ気味ですが段差があります。2段、3段、最後は狭めです。登り切ったところは細尾根、進行方向にめざす神社マークのピークが浮かんでいます。

    段差があるぞ             段差があるぞ2                登り切った尾根を俯瞰
   

 南に下って明瞭な段差、さらにその下に篠竹笹が生えた明瞭な平地があります。細尾根になって少し進んで1mほどの凹み、右下に参道?らしき道型があり、降りてから振り返ると緩やかなV字ゾーンですが自信はありません。

     上の平地から下の笹の平地を         Vゾーン?
   

 奥に道型を辿るとすぐに左の尾根は合流し消滅、今度は神社マークのピークの左を巻いて緩やかに登ります。ピークの南側に出てキックバックする参道で朽ちた鳥居をくぐり、登りついたピークには額鈴なしの古いお社、こちらには微妙な段差はありませんでした。

 鳥居に戻ってから南に登り返しですが、明瞭な道は260m級ピークの右へ巻いて行きます。途中から左上へ、植林地の平らなピークにはなにもなし、東側に小さなお社があるだけです。南は激藪で西に下って先ほどの道へ出て左折、GPSをカンニングすると破線路上にいることになります。

 ほんの少し登り返して尾根上の左に民家、道は民家前で三方に分かれています。最初左を選ぶものの草が繁茂、ついで右の尾根上を南に進む方向は愛宕神社があるはずですが、曇ってきた今日は撮影は無理のようで真ん中の下る道を選択です。

          十二所神社              民家前から今日一の東の展望
  
 
 寺所集落の真ん中を下り、右で農作業中の男性から神社名は十二所神社と伺いましたが、山名を聞くのを忘れました。おあとは舗装路を左に戻るだけです。駐車場所には16時04分の到着でした。


 駐車場所(0:08)墓地取り付き(0:12)210m級ピーク(0:06)220m級ピーク・十二所神社(0:07)260m級ピーク(0:04)民家前(0:19)駐車場所

 所要時間は1時間05分(歩行56分)、神社マーク探しの周遊ピークハント終了でした。

 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「烏山」
 
             GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
   この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000
  (地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「
承認番号平23情使第678号」
   この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 いつものごとく、山間部の狛犬さん探しも小さなピークハント・藪歩きになります。今日は時間があれば松倉山も含めて歩く予定でした。

 
最初の210m級ピークの微妙な凹凸はお世話になっている「栃木県の中世城郭」さんへ連絡しました。さっそく歩いていただいて城郭らしきことが分かりホッとひと息のS&Pでした。


         前のページへ       2012年の山       次のページへ

               ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ