唐沢山ほか

大網山(160m級)阿弥陀が岳(227m)
高鳥屋山(290.4m)唐沢山(241m)
権現堂(230m級)飯森山(221m)
岡崎山(180m級)


ネット徘徊で高鳥屋陣城・貝吹山砦・阿弥陀岳砦の文字
さらには権現堂・飯森(守)山・岡崎山・阿弥陀が岳
あそこだよなと見当をつけて・・・。

中央奥が唐沢山
 2016年01月27日のお山めぐりは今月14日訪問の大網山から唐沢山経由で最近把握の権現堂・飯森山を歩いてみることにしました。

 9時44分に露垂根神社脇の駐車場から出発、南下して鳥居をくぐってその先を東進です。


 十字路を過ぎて大網山(おおあみさん)に向かって東進、道なりに左にそして支尾根末端を右へ進み、左に凍った池を見ます。さらに奥の池の右を入る山道は植林地の中を小さくジグザグ登りで14日通過の尾根に出ました。(ここまで予想どおりでした。)

    
駐車場から出発    池左岸を    大網山から富士山
   

 左上に進んで再訪の大網山城跡を越えて、次のピーク先から未知の領域ですが明瞭な道形が現れました。緩いアップダウンの先のピークは左を巻いて下りになりますが、GPSでカンニングの結果は危惧した通り尾根を離れていました。

 道なしピークに登り返して北に下る境界尾根は最初は小藪、少し下って刈り開けが見えるものの倒木がたっぷり進路を邪魔します。227mピーク手前の鞍部で左からの道形を見て登り返しは急登です。ここは阿弥陀岳砦と予想してましたが、平らな山頂付近には堀切はありませんでした。

  明瞭な道形   道なしピークの下り    阿弥陀が岳は平頂
   

 北に下る途中で明瞭な踏み跡は左へ下っていますが、直進に尾根を選択です。次の露岩の尾根を登り返したピークからは右に大平山方面、左の松の間に唐沢山が目に入りました。風が少し出てきたので奥に下って行くと諏訪岳から大平山方面の展望が開けます。ここでエネルギー補給の休憩です。

 再スタートで踏み跡が明瞭になって左雑木、右植林地になって右下に竪堀模様のU字溝が下っています。登り返した小ピークは日光方面が開けていました。

  
休憩地点から諏訪岳    U字溝  次の小ピークから日光連山
   

 緩めの登り返しは左右にピークを巻いています。唐沢山諏訪岳間の遊歩道に飛び出して左折、右の見晴らしのない「見晴休息所」のピーク、そして再訪の高鳥屋山を通過します。前回見ていない2000回登頂の板を見ました。

     
右の石祠先の展望地から        三角点前からの展望
  

 急降下の登山道から未舗装車道に出て次の十字路から直進2本の左を選んで城跡内に入り、これも3度目の唐沢山を通過します。

     
唐沢山神社    浅間山・飯森山・権現堂
  

 お初の天狗岩で展望をデジカメに収めて、次の鏡岩、そしてテーブルベンチのある権現堂と呼ばれるピークで小休憩です。

             
天狗岩からの展望
 

 権現堂も展望は申し分なしです。中央奥のピークは浅間山ですが、既に歩いているので今日はパスします。

      
権現堂     飯森山↓浅間山↓↓手前が岡崎山
   

 下ってから登り返したピークには「イモリ山」の板、佐野市のホームページでは「飯森(守)山」「飯盛山」の3つの山名、とりあえず公的ページのひとつ飯森山としてあります。

 急降下の後、少し登り返したピークには名前がありませんが佐野市のホームページ「唐沢山城跡調査対象区域図」には岡崎山の文字があります。

       名板           岡崎山にて
  

 撤収して車道を南に進んで左に下る道は見当たらず、手前の第二駐車場に戻るとハイキングコースの案内板があります。(いつものことですが手抜きはいけませんね。)

 ハイキングコースは嫌いな伏木の階段道が延々でした。集落に出て舗装路歩きで駐車場所には14時43分の到着でした。


 駐車場(0:34)大網山(1:00)阿弥陀が岳(1:00)高鳥屋山(0:32)唐沢山(0:11)天狗岩(0:15)権現堂(0:05)飯森山(0:09)岡崎山(0:06)第二駐車場(0:15)駐車場

 所要時間は4時間59分(歩行4時間07分)、展望、小藪の城跡周遊の里山尾根歩きでした。

 参考 国土地理院電子地形図「田沼」
     岩舟商工会さんのホームページの「住林寺」
     佐野市のホームページ「唐沢山城跡」


      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 唐沢山東麓の梅林付近では情報は得られませんでしたが、反対の栃木市側の住林寺近くの女性からピークの見える所まで御足労いただき、227mピークを指して「阿弥陀山」と教えていただきました。

    
御教示のピーク   南東から227mピーク
  
 山名については岩舟町商工会ホームページの「住林寺」のページから「阿弥陀が岳」としてあります。

  前のページへ      2016年の山     
次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ