金山・天狗原山

 糸魚川を離れてから登り残したお山に思いを抱くようになった。8月後半に休みを取ることができたので小谷村から登ることにした。早朝宿の弁当を持って出発、ブナの林を登る。途中、年配の男性3人組と遭遇、先に生かせてもらう。
 天狗原山に入るとそこはお花畑、展望もあけて頚城アルプスの山々、背後には白馬の山々が浮かぶ。途中でであった男性たちは今年2度目の花詣でという。金山・天狗原山はタカネグンナイフウロ、ヤマトリカブト、アキノキリンソウ、マルハダケブキ、ハクサンフウロ、チングルマ、ミヤマダイモンジソウ、シナノキンバイ、ミヤマリンドウ、ハクサンコザクラほか多数の花と展望のお山であった。

金山

天狗原山直下の石仏

天狗原山から北アルプス

妙高山

乙見湖

登山道

神の田んぼの花

ハクサンコザクラ

 天狗原山から下って神の田圃は花畑、登山道の両脇にはいろいろな色の花が咲いていた。ハクサンコザクラだろうか、見慣れぬ花が目に入った。左側には焼山の大きな姿がある。とても出入り禁止の山には見えない。
 先ほどの男性3人組からこの山は少し時期を違えるだけでいろいろな花が見えると聞く。栃木からはちょっと遠いが時期をずらして登ってみたいものである。

再訪したい展望のお山
トップページ