鎌倉山

 今日は昼間は曇りの予想、午前中に用事があり、宇都宮の東の方へ出かけました。ついでにしばらくぶりのヤナ場へ、雨がぱらついていますがもうひとつついでに腹ごなしのお山へ・・・・・。

東から鎌倉山

 2009年09月29日のお山めぐりは茂木の鎌倉山です。

 昭和の年代にヤナ場から一度、9年前に南から車道を600mほど歩いて山頂へきていました。

 12時20分に大瀬の観光ヤナの入口道路の駐車スペースから出発です。ここには大瀬の観光ヤナ0.2km・鎌倉山頂0.7kmの案内が立っています。

関東ふれあいの道の案内板

展望地にて

菅原神社へ

 雨足が少し強くなってきました。今日はここまで、最短の往路を戻ることにして12時48分に撤収です。


 登り25分、下り19分、計44分のピークハントでした。


参考 国土地理院25000分の1地形図「茂木」


 関東ふれあいの道の案内板には鎌倉山の南に竜神山の文字があります。ひょっとしたら216mピークは竜神山?、まあ山全体が鎌倉山なのでしょう。ハチが完璧にいなくなってから地形図・GPSを持ってゆっくり再訪の鎌倉山から関東ふれあいの道、近くの三角点の地形図無名峰のお山を歩いてみましょう。

 追記・・・茂木町観光協会ほか鎌倉山の標高を209mとするHPがありました。
                                        (09.09.29・20:00)

那珂川とヤナ場

急登

橋下の進入道路から右へ

   前のページへ   2009年の山   トップページ   次のページへ

 ここから右奥に進んで行くと直進と右上に登る踏み跡に分かれます。その少し先にも右上に登るところがあり、ここを登ると菅原神社、案内板は左に0.1kmで山頂とあります。

 12時45分に山頂の一角、山歩きを始める前の記憶にあるスズメバチの東屋前へ、ピーク直下が刈りはらわれて少しだけ展望が開けています。

 橋を渡ると右側に関東ふれあいの道の案内板があり、すぐに最初の展望台を通過します。道はジグザグの樹林帯の急登、緩登が続き、12時35分に左が開けた岩場の登山道にでると、眼下に那珂川を配した180度近い展望が広がります。