十二ヶ岳
十二ヶ岳(1200.9m)古城台(500m級)

 もうすぐ廻り番のボランティア役職で連泊のお山も御遠慮になりそうなS&P、明日の総会を控えて登り残しの群馬のお山へお出かけです。
 
 古城台から小野子三山・左が十二ヶ岳
 2012年05月26日のお山めぐりは群馬県渋川市の十二ヶ岳から古城台の周遊です。

 川原そばのの小野子温泉公園Pに駐車し8時09分に出発です。

 小野子温泉駅前を通過し丁字路を右折、踏切を渡って国道を横切り、赤い鳥居前の「駅からハイキング」の案内板を見て恐れ慄きながら鳥居を潜って石段を登ります。

 作間神社前で男性ハイカーがあとを登ってきました。S&Pは狛犬探索、男性は岩井洞方向へ行ったようです。作間神社から戻って東進、すぐの十字路を左折して舗装路を登り始めますが最初は急登、人家が途切れる頃から傾斜が緩みます。

 十字路を通過し左に砕石場の音を聞いて道がジグザグ登りになると周りが開けてきます。途中で先ほどの男性に先を譲ります。

 背後に榛名山、右に廃屋?を見て白のノリウツギの花か、ここまで来る間に3台の車に抜かれ、再び大きなジグザグ登りの前で所沢ナンバーを見送ります。上の駐車場には9時38分の到着、4台の車が停まっていました。

 
小野子温泉公園駅へ 舗装路を      登山口駐車場は広い
   

 山支度中の所沢ナンバーさんを見て左に砂利の林道へ、19分で林道終点です。後から後発の女性のカウベルの音が聞こえてきます。最初は黒木、やや左に曲がって左雑木、右黒木の境目を右に登山道が登って行きます。

 大きな岩が現れ、斜度が大きくなってきた頃に先行の男女2名に追いつきます。今年初めての山行きとかで小休憩で少しお話、ここで後発の女性が先になります。少し登って10時30分に見透し台の案内板、右へ進んでみました。

 左にこれから向かう十二ヶ岳方面、反対側に榛名山塊、足元にヤマツツジの赤がまぶしい展望所でした。分岐に戻ってみると先ほどの男女が登ってきて入れ替わりです。少し右へ進んでからの登り返しはけっこう急坂です。先行している女性が先に登って行くのが見えます。

 高みに登って左に方向変換ですが、少し傾斜が緩んでくると周りの樹勢が低くなって背後の木の間に榛名が見え、登りついたところは左右に登山道が走る分岐で右へ進みます。

    
砂利の林道終点       見透し台から榛名山塊
  

 案内板から右に進んで小さなコブを越えて左から登って来る登山道と合流、山頂まで5分の案内板を見て最後の登りは実働4分で登山者数名が休んでいる十二ヶ岳山頂でした。

 11時11分に到着の山頂は噂にたがわぬ展望です。昼食大休憩中に5歳の男の子が登場、ついで3歳くらいの女の子、その御家族団体さんが登ってきました。

    
  十二ヶ岳へ    手前に中の岳、中間に子持山奥に赤城山
  

 11時52分、しばらくぶりに長居のS&Pは入道坊主登山口めがけて撤収です。こちらは急坂です。ロープ場を過ぎて左下から男女の声、下り切って左から登山道が合流です。帰ってからネットで確認したところ下った急坂は男坂、左から合流の道は女坂と呼ばれているようでした。

 前回2月に下った登山道を再び下ります。途中で登りの若い男女ハイカーとスライド、見憶えの登山口に出て左折、右にアズマヤを見て次の丁字路は右下へ下って行きます。ときどき砂利になる林道を下り、貯水池を右に見て谷の口集落上部の浄水場を通過します。

 おおっと後から車がきました。振り返ると先ほどの男の子が乗っており、手を振って御挨拶です。集落中ほどで右に入る地形図破線路、実際は立派な舗装路で左(南)に榛名山塊、南西にこれから向かう古城台をデジカメに収めます。

 右はやや登り加減になって東西の舗装路に合流、右折して尾根上の丁字路を左折、すぐ先の案内板から右に古城台のハイキングコースへ入ります。

         谷の口集落の破線路から榛名山と古城台
  

 疲れた身には登りはちょっときつい。左折して13時35分、天狗岩250mの案内板のある辺りが北側の500m等高線のコブ、少し下って大きな岩の右を巻いて展望所、奥へ下って登り返しで直進もできそうですが左上に急登が待っていました。

 岩と岩の間をすり抜けて左上に二つ目の展望所、岩の上に小野子三山のパノラマが広がっていました。反対側に少し登って13時44分、こちらが南の500m等高線か、その先の起立する岩塔は登れるようなものではなく見上げながら右わきを通過します。

 少し下って梯子の登り返しで展望台で、榛名山から中之条町の山々が浮かんでいました。しばし最後の展望をデジカメに収めて撤収です。

          
 古城台の展望岩から中之条町方面
 

 二つ目の岩塔は手前で左下の黒木の林にジグザグ下りです。左に胎内くぐりの梯子を見て右に下って行くと工事中の道路に出て道は左に新しく付け替えられています。

 左下で工事中の道路に出て左は野仏めぐりの百庚申の石塔群、遠回りになりそうなので右に戻って朝の十字路に出て左折し下ります。国道に出て駐車場所には14時30分の到着でした。


 小野子温泉公園駐車場(0:02)小野子温泉駅(0:05)国道沿いの鳥居(0:04)作間神社(1:10)登山口駐車場(0:19)林道終点(0:32)見透し岩(0:37)山頂(0:13)分岐(0:29)入道坊主登山口(0:36)谷の口集落丁字路(0:12)古城台入口(0:11)500m標高北峰(0:08)同南峰(0:06)展望所(0:13)工事中の道路(0:22)小野子温泉公園駐車場


 所要時間は6時間11分(歩行5時間19分)、展望の山旅でした。
 
      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号 平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


 
登山口まで車が使える十二ヶ岳ですがそれだけでは時間的につまらない。地形図に記載はないがハイキングコースにもなっている古城台を加えることにしました。噂どおりの十二ヶ岳の展望に望外の展望の古城台に◎です。さてさて昨日はボランティア役職確定で、しばらく連泊の遠出は御遠慮ですねえ。

  前のページへ      2012年の山      次のページへ

         ようこそしろうと山ヤトップページへ