和泉守(652.8m)

会津の観光パンフから
河原崎城跡にハイキング道ができているという。
ハネだしトマト買い出しのついでに・・・。

登り口から
 2015年10月09日のお山めぐりは南会津町(旧南郷村)の河原崎城跡(山名は和泉守(いずみのかみ))です。

 和泉田の二渡神社の東、道路北側にある河原崎城跡の駐車場から10時08分に出発です。

 駐車場の反対側にある細道に誘う城跡の標柱、見上げれば冒頭画像が目に飛び込んできます。道は杉林に入ってY字路へ、「→」が右に誘います。
 右斜面を登って行って西口との分岐は左上の山頂をめざします。道はジグザグ登りが続き、第一展望台、第二展望台を通過します。傾斜が緩んで左に「←堀切り」の小さな標柱がありますが、直進で山頂へ向かいます。
 平らな山頂の右奥(南)が最高点で「和泉守山頂653m」の標柱が立っていました。

 
反対側に東口案内標柱 ジグザグ登り     山頂と標柱
   

 山頂から東に少し下ると腰曲輪もようの道が左に進んでおり、ベンチも一基おいてあります。左奥にかなり前に登った俎倉山、金石ヶ鳥屋山、正面に未踏の大曾根山、右に伊南の伝上山方面のパノラマが広がっていました。

   
俎倉山方面        ↓大曾根山        伝上山方向
 

 10時54分に撤収、途中まで往路を戻り、西口分岐で左へ下ることにしました。手入れのいいジグザグ下りから丁字路は右へ、すぐに民家が見えて舗装路へ出て右折、神社手前で幹線道路へ出ます。右折して神社前を通過し11時16分に駐車場所到着でした。

 駐車場(0:34)山頂(0:22)駐車場

 所要時間は1時間08分(歩行56分)、城跡ピークハントでした。


 参考 国土地理院電子地形図「会津小林」


        GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図
(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 駐車場前を通りかかった女性から情報収集、和泉守は「いずみのかみ」、「城跡は辰巳山から樋で水を通していた。」等、教えていただきました。案内板に寄れば河原崎城主は五十嵐和泉守道正とあり、ここから地元の山名がきているようです。

   
前のページへ      2015年の山      次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ