岩船山(172.8m)

足の応当日は明日なのだが所用が入った。
起床遅れで花粉の少なそうな栃木県南部の再訪リストを開いて・・・。
そういえばユキワリソウはまだだったなあ。

 
駐車地から 
 2014年03月15日のお山めぐりはもうすぐ栃木市(岩舟町)の岩船山にしました。

 10年以上前に歩いていたのですがホームページに記事なし、今年1月に近くの神社を歩いていて勇壮?なその姿を西から見てその内と思っていました。

 今日は西側の神社に至る舗装路の路肩に駐車し、10時51分に出発した。幹線道路を左折、ダンプの入口前から左上に岩船山を見ます。

 右はJR岩舟駅、左上に岩船山高勝寺への参道が登って行きます。記憶に無くなった石段の途中で右に駐車場、ここで一息入れます。ほんの少し登って左に広場、ここから舗装路が下っているようですが参道入り口の案内板には表示はありません。(帰路下ってみました。)

 登り切って本堂には向かわずに左上の三重塔へ、さらに奥へ登って見覚えの孫太郎尊のお社手前に朽ちかけた狛犬が2体、今日の目的の一つはこれでした。西に広がるパノラマをデジカメに収めて三角点をめざします。

  
入口道標     藤岡はヨシ焼き       孫太郎尊
   

 展望台と表示の板の先は進入禁止、丸い手水鉢の奥に石標ではない三角点がありました。奥に煙の上がる様は藤岡町のヨシ焼きでしょう。(下山してカーラジオのニュースで確認)記念のデータをデジカメに落として再び孫太郎尊へ向かうと若い男性ハイカーとスライド、山頂は入れ替わりになりました。


   

 さて、行った記憶のない奥宮、本堂を経由して石段が登り付いた場所で17分ほどエネルギー補給、あとは往路を下るだけですが、途中で生身地蔵で左(東)に入ってみましたが行き止まり、もどってちょっとだけ下って右(西)の広場に出て下ってみました。あらあらすごい景色が待っていました!!


 舗装路は左下ですが砂利道は直進、後者を選んで下ってみました。なんと右上に見上げる岩船山は3回変化します。

 

 下り切って舗装路へ出るところには折り畳み式の金属製の門がたたまれており、その下の丁字路右に「畳岡山林組合・撮影所」の案内板があり、立ち入り禁止の板はありませんでした。(ホッ)駐車場所には12時52分の到着でした。


 駐車場所(0:12)参道入り口(0:19)境内南端の展望地(0:06)孫太郎尊(0:03)山頂(0:02)孫太郎尊(0:11)奥社(0:10)本堂(0:03)境内南端の展望地(0:05)生身地蔵(0:01)クリフステージへの分岐(0:13)撮影地案内板(0:07)駐車場所

 所要時間は2時間01分(歩行1時間32分)、展望の山旅でした。

 参考 国土地理院旧25000分の1地形図「下野藤岡」

        GPS軌跡図(カシミール3D使用)
    
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図 50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。

 
帰ってからネットで確認、岩船観光協会様の「見どころ・いわふね観光」の岩船山付近略図にクリフステージと表示されていました。さらに同ページの「ロケ地めぐり」をクリックするとさまざまな映画・ドラマの撮影地になっているようです。立ち入り禁止は撮影時だけでしょうか。行ってみる価値は◎ですね。

 前のページへ        2014年の山        次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ