稲荷山ほか
①稲荷山(298.3m)②点名「中田原」
③お城山(220m)


県北に所用があったついでに狛犬探索です。
もひとつついでに小さなピークへGo!




①稲荷山(298.3m)編

 旧黒磯市笹沼の神社マークから同市内の未訪問の神社を回り、稲荷山のある東那須野公園西駐車場で昼食休憩でした。

南西から稲荷山
 2016年01月16日のお山めぐりは再訪の稲荷山ほかです。

 稲荷山は平成12年ですから16年前に訪問していました。当ページ開設前なので再訪してみることにしました。


 現地は東那須野公園内で西駐車場からスタート、北上して右上へ登って南北の主尾根についた舗装路を登ります。右の柴斜面には水仙がポツポツと咲き、遠くに羽黒山から宇都宮アルプス、右に目を進めて雲に隠れた日光連山、近くの高原山はくっきり浮かんでいます。

 登り切って左には八溝山、左背後を振り返って那須連山は雲に包まれていました。いったん下った鞍部から登り返した南北にゆるいピークの左に石碑、右に一等三角点と栃木の山紀行さんの名板があります。

   
那須連山は雲の中    名板        八溝山
   

(前回は東の芝生広場から北上、2000年04月01日の山頂に名板はありませんでした。)

 今日は南に下って波切不動尊経由で鉄塔巡視路へ登り返して稲荷山の東麓の舗装路を回り込んでピークハント終了でした。

 西駐車場(0:13)山頂(0:07)不動尊(0:20)西駐車場

 所要時間は43分(歩行40分)再訪の稲荷山でした。

参考 国土地理院
     電子地形図「大田原」
GPS軌跡図(カシミール3D使用 


②点名「中田原」(281.6m)編

 西にある権現山再訪時から気になっていたお山があります。ひょっとしたら名板があるかも・・・。(ありませんでした。)

稲荷山から

 2016年01月16日のお山めぐりぱーと2は旧西那須野と大田原市境にある三角点ピーク・点名「中田原」にしました。

 野木神社北東の住宅団地に着目、東端の道路から右に入る送電線巡視路?が取り付きです。


 送電線直下近くに駐車、西進すぐ右上へ、100mほどで舗装路から右の笹の繁茂する斜面を登る刈り払いされた未舗装の道を登って行きます。

 途中で植林地の中へ入って登り切ると右に送電線鉄塔敷です。左の三角点ピークまでは道はなし、最初の数mだけ藪、三角点近くになって実生のヒノキの幼樹薮で名板等はありませんでした。

      
ここから         三角点は三等
  

 帰路は適当に南東へ、無事往路に出て下るだけでした。

 駐車場所(0:13)山頂(0:08)駐車場所

 所要時間は22分(歩行21分)、三角点ピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「大田原」


   GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   

③お城山(220m)編

 はるか昔(30年?)花見に来たことがあるが・・・。

遠景を撮り忘れた

 2016年01月16日ぱーと3はお城山です。

 案内板に誘われてくるまでは行ってみたものの、途中で空きスペースに駐車したのはすでに城域に入っていました。

 駐車場所はすでに「」右上に舗装路を登ると左側に大きな土橋付きの空堀、登り切って二の丸、ピークは左で土橋を渡って右から平地の周りを囲む土手を歩きます。

 
    八溝山が          山頂へ
  

 最高点は最北のベンチとテーブル辺りでしょうか。一周して二の丸へ下り、ハタと気がつきました。南端の稲荷神社です。いったん下った削平地は柵に囲われて奥に進む踏み跡へは入れませんでした。本日これまででした。

 所要時間は18分の城跡ピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「大田原」

  GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  

 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 山名については公的ページと案内板では龍体山、光信寺さんのページでは同裏山が龍体山となっていました。あの辺り一帯を龍体山というのかもしれませんが、龍頭山・龍体山・龍尾山の呼称もあるようです。見解が分かれているので地元通称の「お城山」としてありますが、合間見て点名「上の山」探索時に地元で聞き取りしてみたいと思います。

  前のページへ     2016年の山     次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ