飯谷山(783m)
  
+αの小野川山

風邪っぴきのPさんも復調です。
ちょっとだけ小さなお山を歩いてみることにしました。
ひょっとしたらあの花もあるかも・・・。


まちの駅から飯谷山
 2016年06月13日のお山めぐりは福島県は柳津町の飯谷山です。

 会津百名山ガイダンスの初級の一座ですが今日の山行きにはちょうどよかろうとハンドルを向けます。

 只見川沿い野老沢(ところさわ)から「とこざ公園」をめざします。舗装林道は展望よし、これなら下から登るのもありでした。

 登山口に止まっている軽一台を見てその先にあるとこざ公園に車を停めて8時30分に出発です。舗装路を北に戻りますが路肩にはニガナ、残り花のヒメシャガが顔を出していました。

 登山口から入る道はよく踏まれています。御神田跡を過ぎ、鎖場をトラバースして小沢を通過して、右に進んで行きます。スギの植林地に入って左上に方向変換、熊よけか?赤ペンキで塗装された缶(石油缶?)が下がっており、この後の登りだけでなく下りでもいくつか見ました。

     
とこざ公園       登山口       ヒメサユリ
   

 植林地から雑木帯になって、ギンリョウソウ、ブナの大木の現れた尾根の直登でPさんブレーキ、以後は休み休みになります。傾斜が緩んで石灯籠、石祠を見て小休憩です。

 ここから30分の案内板を見て左から登って行きます。右下からの尾根と合流して左上に緩やか登り、細いブナをながめながらのゆっくり登り、山頂には10時18分の到着で石祠から45分近くかかっていました。山頂からは2方向が開けていますが遠くは雲で望めませんでした。

   
熊よけ缶と石祠       山頂      西会津町方面
   

 エネルギー補給をして反対方向に下ります。すぐに石祠一基、そして道は二又、左はこれから下る方向、右は小杉山からの登山道です。

 木肌に付けられた赤ペンキ+淡い赤の荷造り?用テープが誘う登山道は幅広・明瞭でした。少し下って細尾根になって右に真っ赤なヤマツツジを見て、左に展望が開けました。山頂よりも柳津町方面が広く大きく開けています。

   
柳津町方面、磐梯山は見えず
 

 撤収して少し下ると左に方向を変えます。右に戻ってさっきの尾根末端の下に出て植林地の中へ、道は左に直角に下り、ほんの少し登り返してとこざ公園から下ってくる舗装路へ飛び出しました。

 駐車場には11時18分の到着でした。とこざ公園は東屋一基でトイレ無しですが、周りが開けている展望のいい場所でした。

 とこざ公園(0:05)登山口(0:45)石祠(0:40)山頂(0:15)展望地(0:26)とこざ公園

 所要時間は2時間48分(歩行2時間11分)、一本だけヒメサユリ確認のピークハントでした。


 参考 国土地理院電子地形図「柳津」
     会津百名山ガイダンス「飯谷山」


 
今週は越後か東北のお山の予定でした。5月初旬のしぼれの体調不良から行きたいお山もずれにずれています。淡い期待のヒメサユリも一本だけでした。でも自生地にこだわりたいですね。

 


        
 小野川山(410m級)

 2015年06月13日午後のお山めぐりは飯谷山の南にある地形図無名峰「小野川山」です。

 
実線路途中から小野川山  山頂から飯谷山
  

 小野川山は山頂にアンテナ施設のあるデジタルテレビチャンネル放送周波数ガイドに登載のお山で山頂まで実線路が入っています。今日は国道252号線から南下する柳津昭和線に入り、すぐの丁字路手前路肩に駐車し12時08分に出発です。

 昭和村方向に少し登って2分、右上に舗装路が入っています。入山禁止の板と鍵のかかったロープで塞がれていますが、山菜採りではないので入ってみます。実線路は一本道、尾根沿い、尾根横断を繰り返していました。山頂は某巨大放送局の施設が最高点付近、その背後の高みに行ってみましたが、名板ほか何も見当たらずでした。

 山頂下から北に飯谷山方面を見て往路を戻ります。駐車場所には13時26分の到着でした。

 駐車場所(0:02)取り付き(0:44)山頂(0:28)取り付き(0:02)駐車場所

 所要時間は1時間18分(歩行1時間16分)、展望ほとんどなしのピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「柳津」
     ホームページ「先客万来・でんぱでーたどっと混む」さんの
       →でんぱでーたonWEB→
        「デジタルテレビチャンネル周波数ガイド」福島県
     http://www.somu.go.jp/
       予備免許された各中継局の概要<福島県>
        「柳津三島中継局(地上デジタルテレビ放送)のエリア


  前のページへ       2015年の山       次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ