半蔵山(502.1m)

半蔵山付近のピークつぶしの第2弾です。
2月08日の最初の予定地か天秤にかけて・・・。
やっぱり近間にしました。


北から
 2016年02月11日のお山めぐりは今年お初の半蔵山です。

 北の石那田町から舗装路を入り、Y字路の路肩に駐車し、10時07分にスタートです。まずは舗装路を右へ、すぐのY字路は左上です。


 断続的に出てくるイノシシさんらしき足跡以外ない雪を踏みしめて緩やかな登り道は終点から沢の右へ作業道が登って行きますが、左を見れば薮のない作業道で、こちらに乗り換えます。どうやら途中で左上に見送った道が続いているようです。

 前回は途中で左上でしたが、今日は終点まで行ってみました。(このルート前回はこちら)道は消失で左上の支尾根に登ります。右上に進んで大きな岩と岩の間にロープを掴んで登り、主尾根の登山道に飛び出しました。

    
Y字路から出発    沢沿いを       岩の間を
   

 左に進んで半蔵山、三角点をデジカメに落として石那田方面の案内板に誘われて北東進、少し登り返した小ピークから北西の下りになります。ゆるい鞍部から左に下る道を見送って直進、意外と明瞭な踏み跡が進んでいました。

 425m標点ピーク直下で踏み跡は消失、急傾斜の斜面を登り返して到達の山頂は雑木に囲まれていました。南北は切れ落ち、南西、東の尾根上には微妙な凹凸はありませんでした。

     
半蔵山にて     踏み跡明瞭  425m標点ピークへ
   

 山頂でエネルギー補給後、東に少し下ってから北尾根に復帰ですが、斜面で少々緊張しました。

 246号鉄塔まではアップダウンのある露岩の細尾根、鉄塔敷に下ってやっと日光連山、高原山が目に入りました。

     
北へ下る        日光連山   鉄塔と425m標点ピーク
   

 おあとは左に巡視路を下るだけです。植林地帯のジグザグ下りになると左から人の声と野球場の金属バットの音、車道に出て左折し左に野球場、右に小さなバッティング施設を見て駐車場には13時01分の到着でした。

 駐車場所(1:10)半蔵山(0:16)巡視路分岐(0:17)425m標点ピーク(0:12)246号鉄塔(0:18)駐車場

 所要時間は2時間54分(歩行2時間13分)、往路はマイナールート、帰路は道なし小藪の標点ピークハントでした。


 参考 国土地理院電子地形図「大谷」


       GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 予定の小さなピークは終了しました。今年の予定は池の鳥屋の北側の尾根が最後ですが、そろそろ花粉が飛びそうだなあ。


  前のページへ      2016年の山     次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ