上田中から半蔵山(502.1m)

左右は採石跡 
右の2か所目の採石跡 
放置木の作業道 

 23日の狛犬さんめぐりに引き続いて徳次郎町の探索、今日は徳次郎町上田中集落奥から金比羅山神社を探して林道を奥へ・・・。

明瞭な道 

 10時35分に291m峰から北上する男抱山から半蔵山への登山道に飛び出しました。左の木には赤テープと古い白テープの2段巻き、少し右には巡視路の黄色杭があります。ここは右上にも踏み跡があったので入ってみましたが採石跡を見るためだけのようで最後はトゲ藪、登山道に戻って北上でした。

 少し登って右に小さな石祠、10時47分に右上に大きな岩が目に入りました。展望目当てに登ってみましたが木越の男抱山でした。

 登山道に戻って再び北上、右に尾根が分かれた採石跡を見て尾根の左へ登山道は進みます。途中から右の330m峰を登ってみました。山頂直下は小さな採石跡、11時03分の山頂には2基の石祠と1基の御神灯があります。さっきの金比羅神社といい、ひょっとしたら石屋さんは現地調達だったのかもしれませんね。

 2011年01月25日のお山めぐりは4度目の半蔵山ですが、正規の登山道ではなく東から歩いてみることにしました。

伐採斜面から宇都宮アルプス富屋連峰 
石祠 
岩の上から男抱山 

晃陽中学校近くから  ↓羽黒山              ↓半蔵山                   ↓286m峰 

 駐車場所(0:11)上田中集落奥(0:10)金刀比羅山神社(0:19)登山道(0:08)大岩脇(0:08)330m峰(0:22)舗装林道(0:11)半蔵山(0:07)舗装林道(0:30)286m評点ピーク(0:10)有料道路沿い舗装路(0:14)駐車場所

 所要時間は3時間02分(歩行2時間30分)、里山石切場の細道探索の山歩きでした。

 参考 国土地理院25000分の1地形図「大谷」


             GPS軌跡図(カシミール3D使用)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平21業使第287号)
 この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。



 GPSコロラド300に異変、地形図が画面に現れません。つい先日18日まで稼働していたのですが去年の1月以来です。今週はこいつを少しいたずらしてみましょう。

   前のページへ      2011年の山      次のページへ

        トップページようこそしろうと山ヤの部屋へ

半蔵山の名板 

 11時52分に撤収、舗装路まで往路を戻り、今度は東の420m級の3ピークを踏んで下ります。道は明瞭、ときどきジグザグ下りですが黒木の中で展望なし、右への分岐道は無視して直進します。
 286m評点ピーク手前で右下に向かう道を見送って左に巡視路を登ります。

 評点ピークには送電線鉄塔があり、東西に展望が開けていました。

朽ちた梯子道は左に踏み跡 
直進と思うが 

 

 戻った登山道の右には下(門前からか未確認)から幅広作業道が登ってきており、350m標高地点までやや離れて並行していました。

 標高320m手前で登山道は直進しているようですが、今日は探索です。11時17分に右の踏み跡に進んでみました。傾斜が緩んで踏み跡の丁字路です。左上の高みに向かう踏み跡を見ると半蔵山の案内板、しぼれは直進して尾根を右に巻いて行きます。梯子道を過ぎて緩やかに右斜面に着いた踏み跡は左上に向かい登山道に合流し、ほどなく舗装の林道へ飛び出しました。

 右に半蔵山50mの案内板で舗装路右折、今日下る予定の右の踏み跡を見て直進、すぐに左上にキックバックして半蔵山へ向かいます。

 11時40分に半蔵山の三角点、その右奥の石祠には杖を持つ面長の坐像があります。寿老人と思いますが・・・・・。

 駐車場所から9時53分に出発です。北に向かってすぐに左折、画像中央の日光有料道路の下をくぐり、道路の左にある安政08(1861)年の大きな石灯籠の脇を直進です。集落最奥から黒木の林道へ、最初の二股は右を選択します。(どちらでもよさそうですが未確認)
 
 林道は左に大きく曲がり、右上に金比羅神社の鳥居・石祠を見て南西に緩やかに登ります。終点には右上に踏み跡もありそうですが明瞭な直進を選択です。あらあら右にV字の切れ込み、ひょっとしてお城?・・・。直進して左下からの幅広道と合流、直進の薄い踏み跡と十字路を形成しています。

 ここは明瞭な右に進んでみると行き止まり、右下には採石跡があり下ってみると先ほどのV字の切れ込みからきているようでした。堀切ではなく石材搬出路でした。

 帰路は巡視路を東進、もう一つ下の鉄塔経由で日光有料道路の西にある細い舗装路を右折、庚申塔、史跡一つを寄り道です。
 
 上田中集落から同有料道路下をくぐって駐車場所には12時55分の到着でした。