離山(1256m)

サクラソウが咲くお山は長野県にいくつか・・・。
遠めの飯盛山はパスして手前の方に向かうことにしました。
桜も早かった今年は残っているだろうか?


石尊山から
 2015年05月20日のお山めぐりは長野県軽井沢町の離山にしました。

 軽井沢歴史民俗資料館下の駐車場には先客が3台、いちばん奥に駐車して12時08分に出発です。

 駐車場の中ほどから南に降りるとすぐに右に登山道が顔を見せ、足元左にサクラソウが一株咲いていました。(うふふふ、幸先よし)

 十字路は右上へ、樹林帯の中を進む登山道沿いにはユキザサ、エンレイソウ、ササバギンラン、フタリシズカ、そして点々とルリソウも顔を出します。道はよく踏まれており、100mおきに案内板が設置されており、ときどきサクラソウも顔を出してくれます。下ってくる男女とスライド、女性から山頂付近の花情報をいただきました。

      案内板       サクラソウ      ルリソウ
   

 残り450m地点でジグザグの歩きやすい板木道(表現はこれでよいか?)となり◎分で山頂の周回遊歩道に出ます。5分ほど休憩し遊歩道を横断する形で直登のコンクリート疑似木の階段道を選択します。2度途中で息を整えて到達した山頂には三角点と山座同定盤が待っていました。

 山頂1000mの案内板   
板木道    山頂から浅間山方面
   

 残念ながら雲に遮られて浅間山は見えず、遠くのお山も望めませんでした。ザックを下ろして山頂直下の斜面を探索、終期間近の満開のサクラソウ・背丈の低いルリソウが咲いていました。

      サクラソウ        ヤマツツジ
  

 ◎分の滞留で東に下って行くと右側に満開のヤマツツジを見ます。東登山口からの幅広道が見えますが、右に往路へ戻ることにしました。

 帰路は往路を忠実に戻ります。デジカメに取り残しの花々を入れて往路の十字路の手前(上)にある左(歴史資料館)への踏み跡へ入ってみることにしました。

 軽井沢歴史民俗資料館内を見学、下の駐車場には15時26分の到着でした。

 駐車場(0:20)送電線下展望地(0:44)南口登山道分岐(0:06)山頂(0:09)東口登山道分岐(0:08)南口登山道分岐(0:28)送電線下展望地(0:11)歴史民俗資料館(0:02)駐車場

 所要時間は3時間18分(歩行2時間08分)、サクラソウ鑑賞のピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地図「浅間山」
     ホームページ「信州山歩き地図」(→東信の山→離山)

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。「承認番号平23情使第678号」
  この地図を第三者がさらに複製又は使用する場合は国土地理院の長の承認が必要です。


  前のページへ       2015年の山       次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ