羽黒山ほか
①羽黒山(240m級)から飯山(262.6m)
②点名「野尻」


今日はPさんの足の応当日です。
予報では午後3時過ぎは雪になりそうで近間のお山へ
ストックから鹿沼のお山を取り出します。


①羽黒山(240m級)から飯山(262.6m)編

飯山・羽黒山

 2016年01月23日のお山めぐりは鹿沼市の地形図無名峰「羽黒山」から「飯山」にしました。

 再訪となる下日向の羽黒神社下の路肩に駐車し11時43分に出発です。


 羽黒神社の狛犬さんと6年ぶりに御対面、境内右橋の石段から背後の植林地山に取り付きます。けもの道のジグザグ登りから左上に進んでピークから北西に下る尾根を右上に登って行きます。

 山頂付近だけ雑木の平らなピークには参考ページで見たカワスミ氏の羽黒山の名板はなく、同氏の石倉山の名板がついていました。山頂から北に下る地点は微妙な凹凸、でも堀切は見あたりません。

     
羽黒神社へ     右に石段から   名板は石倉山
   

 北に下って鞍部で尾根型が現れると篠竹藪の間に切り開けが入っています。同時に植林地から雑木帯の登りになって赤の絶縁テープが2カ所、急登が始まる地点で左にトラバース気味に進む明瞭な踏み跡を見送って正面の尾根を急登です。

 登り切ったピークには三角点と名板が2枚、黒字で飯山と書かれた栃木の山紀行さんの名板、参考ページの画像で見えるカワスミ氏の飯山はなく、同氏の寺山の板に変わっていました。
(直下がお寺さんですから寺山もありかなですが、古賀志の又手山も取り換えられています。)

    
鞍部から登りへ      寺山の名板
  

 山頂から北に明瞭な踏み跡がありますので辿ってみました。次のピークで不鮮明になり、左を選択です。次の肩からやや右に急降下になっていくつかの小さな段々の尾根を下り、傾斜が緩んで未舗装の道に出ます。

 右の尾根上の平地にはブルが一台、左に下って民家が見えてくると右に日光方面のパノラマが広がります。民家の間を抜けて左折、左上に飯山、正面に羽黒山を見ながら南進です。

  
小さな段々の尾根を     羽黒山を見て
  

 咲き始めた梅の花を見て駐車場所には13時45分の到着でした。

 駐車場所(0:02)羽黒神社(0:13)羽黒山(0:11)飯山(0:21)駐車場所

 所要時間は58分(歩行47分)、地形図無名峰2座探索の周遊ピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「鹿沼」
     栃木の山紀行さんの「羽黒山」

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 ストックして10年だろうか。(6年でした。)近間で短時間なので先送りになっていました。今日はカワスミさんの板狙いでしたが、ストックレポと変わっていましたね。誰かが差し替えたのか、設置し直しか真偽は何処に・・・。

②点名「野尻」編



 2016年01月23日のお山めぐりは鹿沼市の点名「野尻」です。

 南側の神社参道から登りです。石祠3基の右脇から植林地の中へ、道なしですぐに笹薮になります。

 篠竹、トゲのある細木が3本を分けて、四隅を石に囲まれた三角点を見て撤収です。

    
ここから参道を     シノダケ藪の右奥に   三角点
   

 所要時間は往復9分でした。

参考 国土地理院電子地形図「鹿沼」

    GPS軌跡図(カシミール3D使用)
    

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 手前は竹林で「山に立ち入りを禁ず 地主」「タケノコ採るな 地主」の板がありました。時期によっては要注意でしょうか。今日の鹿沼市内は花市で超混雑、御殿山ほかはパスしました。

  前のページへ      2016年の山     
次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ