行者岳・大岩山・唐梨子山

 2005年4月23日のお山めぐりは、古峰神社奥にある禅頂行者道の一角を占める未踏の行者岳、大岩山、唐梨子山に登ることにした。

 9時23分に地蔵岳への林道との分岐から歩き始める。登山口のある林道終点から山道に入ると葉の切れ上がったエイザンスミレが咲いていた。
 元の林道だろうか荒れた道に出て、また左の登山道に戻る。古峰ヶ原に出る直前で右からアスファルトのきれいな道が上がってきていた。

 古峰ヶ原のベンチで軽くエネルギー補給。左上の三枚石のほうから登山者が2名、1名と降りてきた。古峰ヶ原神社から登ってきたらしい。 

 古峰神社の大鳥居と行者岳の稜線

        エイザンスミレ              古峰高原

 10時38分、16分休憩の後に出発する。私たちは右上の砂利道に入る。少し進んで山道が直進、砂利道は左下の巴の宿方面へ向かっている。
 小さな池を左に見て、白い鳥居の古峰山神社にお参りし右折する山道を進む。
 

 11時34分に行者岳へ、5分休憩の後、12時14分に大岩山へ、食事を取って18分後に出発、12時45分に最後の唐梨子山に到着、10分の休憩後撤収にかかる。
 
 稜線は終始緩やかなアップダウンで最後の唐梨子山から下るところが急なだけである。ところどころに標識があり、軽いハイキングとしてはよさそうだ。
 行者岳、大岩山もヤシオもあったが、まだつぼみ、1週間先になりそうだ。

     行者岳山頂         大岩山山頂

     唐梨子山の山頂

 ハガタテ平からは旧知の道、朝出掛けにお話したご夫婦(地蔵岳へ)と再び出会う。今年の雪で倒れた杉の残骸をまたぎながら林道終点の地蔵岳登山口へ着く。
 ここからは林道歩きになるが、14時15分に駐車場所に到着した。新芽を当てにしてきたが、林相が変わったせいかタラの木も見当たらず。

 休憩込み5時間20分の周遊の山旅は、よく踏まれた登山道とあいまって快適であった。

2005年のお山
トップページ