赤倉山ほか2座
再訪の
赤倉山(1442.0m)
大畑山(1446m)茨倉山(1514m)
 

しばらく県内移動に限定のお山めぐり
今日は再訪だが未踏の地形図無名峰のあるお山へ

 縦走路から赤倉山
 2020年05月15日のお山めぐりは16年ぶり足尾の赤倉山です。

 先週から強風で延期の足尾のお山、ミツモチのアカヤシオ終了のネット情報からこちらも危ないかと足尾の深沢にハンドルを向けた。

 
 間藤の郵便局先で右上に進み、すぐ左のPスペースには先客の栃木県ナンバーの乗用車が一台、その傍に駐車し8時44分に出発です。16年前に入った駐車場までの道は荒れており、四駆のレジアスエースといえども無理、手前駐車で正解だった。

 駐車場所     車はムリ   終点奥から左下へ
  

 駐車場から沢を渡渉し右岸を行く深沢古道(以下「古道」という。)の両側はヤマツツジが満開だった。左側がスギ植林地の場所でGPSを確認、地形図の877m評点付近で左上の赤テープのお誘いに乗って植林地内に入った。

 薄い踏み跡はトラバース気味に続くが、高みを目指して右上を選び、雑木帯の急登から尾根に出た。選択した尾根はツツジの疎らなヤブ、岩塊帯の急登、いったん緩んでツツジのトンネル、植林帯の急登と続き、傾斜が緩んで小笹の尾根になった。

ここで左上へ     岩塊の尾根    植林帯急登
  

 赤テープが見えて、右下からの踏み跡に合流した。笹丈が伸び、左に足尾方面、右に夕日岳方面が目に入ると、再訪の赤倉山はすぐだった。11時30分到着の赤倉山の山頂からは右奥に3名の男女が下って行く姿が見えた。

 合流点    足尾市街方面     中央に木に名板
  

 北に下るが、右側はいい眺めだった。次の高みの大きな倒木脇でランチ休憩、冒頭の画像、鉄塔の立つピークは横根山だろうか?をデジカメに収める。大畑山への尾根上はほぼ満開のミツバツツジ、シロヤシオはツボミが膨らんでいた。

左に皇海山方面     右に夕日岳方面
 

 次のピークで左に下り、登り返した地点からは右の夕日岳方面が開けていた。ひと登りで到着の大畑山には小さな名板が一枚でこれから向かう茨倉山が目に入った。

大畑山手前で夕日岳方面 大畑山山頂と茨倉山
 

 少々下ってから登り返して傾斜が緩むと左の木の間に皇海山・大平山方面、右に夕日岳方面が目に入った。今日の最高地点1514mの茨倉山には先行男女3人が休んでいた。男体山と半月山をデジカメに収めて撤収、先を急ぐことにして北東に下る。

 茨倉山へ       茨倉山から男体山&半月山
 

 鞍部で右下に来ていた作業道に出て東に登り返した。舗装路に出て右へ下ると進行方向の展望が広がる。右には赤倉山から大畑山・茨倉山が大きく見えデジカメに収める。アカヤシオが見えるはずだがもう終わっていた。

舗装路から右に赤倉山    右に茨倉山
 

 南下して舗装路が左に曲がる地点から下る尾根を選択、辺りはミツバツツジしか咲いてないが、一本だけ3輪のアカヤシオが残っていた。林道終点を通過し緩い下りの尾根は傾斜を増した地点でGPSで確認、左下に方向を変えて、2本の沢の合流点に下る。

 沢を左へ、そして右へ各2回、右岸を進んで湿地を通過して左に赤テープ、ここが古道の七曲り地点の下部のようだ。道型が明瞭になってひと安心、一か所だけの崩壊地は左下の沢を横断し右上に戻る。

直進で尾根を下る   沢の合流地点へ着地

 

 雨量観測計地点でお不動様ほか1体を確認し16年前の登り口を通過した。おあとは朝の取り付き877m評点付近を通過、ヤマツツジ満開の古道を下る。沢を渡って林道終点からの砂利道はかなりの深さの溝と崩壊の跡、駐車場所には15時40分の到着だった。

 駐車場所(0:26)林道終点(0:21)877m評点取付き(1:50)赤倉山(0:37)大畑山(0:26)茨倉山(2:40)駐車場所

 所要時間は6時間56分(歩行6時間20分)、展望・周遊のピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「中禅寺湖」
     新ハイキング2011年5月号P40「足尾赤倉山」
     ホームページ「安蘇の山懐から」さんの「赤倉山」

 当初予定は16年前のルートで登り、帰路は七曲りの周回だったが、上記のとおり当日変更した。古道は落ち葉に覆われ、浮石で歩きにくかった。
 
 (カシミール3D使用)

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。
(承認番号 平27情複、第236号)」



 コロナが何時収束して、他県徘徊可能になるか。当分県内徘徊だろうが、次回があるなら赤倉山北西尾根か、神子内林道から紅葉時の半月山かな。

前のページへ    2020年の山    次のページへ

      ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ