池の鳥屋(471m)
池の鳥屋から土平山・羽黒山・半蔵山


本来なら今頃は紀伊半島辺りにいるはずなのだが・・・。
遠出を控えて防衛するしかないか。

   
  2020年04月03日のお山めぐりは、しばらくぶりの池の鳥屋から半蔵山へアカヤシオ探索です。

北から
↓半蔵山 羽黒山↓ ↓土平山    池の鳥屋↓


 石那田の仲根公民館脇を南へ入り、石那田グランド脇を通過、植林地のY字路で右へ、次のY字路で幅広路肩に駐車し9時42分に出発する。目指すは上記画像左の251号鉄塔で、黄色の標柱を見て右に小沢を渡り、スギの幼木林を登り鉄塔に到着した。

 今日はここから左上に支尾根を登るが、もちろん道はない。最初の小ピークまでは植林地、次は左植林地右雑木でアカヤシオがちらほら、左下からの支尾根を合わせるとアカヤシオ混じりの雑木帯から細い岩尾根になり、アカヤシオはこれまでだった。

  道無し尾根を行く  花の向こうに半蔵山・土平山
 

 藪と倒木の細尾根が終了し、鞍部から尾根型の消えた今日一の急登でしばらくぶりの池の鳥屋山頂だが展望なしで即撤収で南に進み東西の主尾根を左に下る。

 蟻の戸渡り風の細い岩尾根は左下に巻道があるが、これを越えて、その先の岩尾根の石祠で休憩とした。樹木の伐採と枝落としで、石祠周りはすっきりし、東の土平山方面が開けていた。

    細い岩尾根       石祠から土平山
 

 いったん下った細尾根の鞍部から登り返して土平山周辺でカタクリ探索だが、今年は開花株は少ないようだ。次の羽黒山から半蔵山間も手入れがなされているようで大岩の場所で窓が開けていた。半蔵山で男性一名と今日最初で最後のスライドだった。

      カタクリ        岩の上から日光連山
 

 帰路の253号鉄塔への道は尾根を直進だが手入れなしで通過してしまった。すぐに修正して尾根に戻り、石祠の残骸のコブ脇を通り、登り返しの小ピークで左下に向かう。鉄塔敷から巡視路を下り、標柱に従って左の252鉄塔へ作業道を下った。

 作業道からは日光連山、右に方向を変えて半蔵山北の425m評点ピークを見ながら下る。立入禁止のチェーンガードを過ぎて舗装になった林道は去年の台風か?舗装が割れていた。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

 駐車場所(0:10)251号鉄塔(1:10)池の鳥屋(0:13)石祠の小ピーク(0:38)土平山(0:05)羽黒山(0:25)半蔵山(0:14)253号鉄塔(0:23)駐車場所

 所要時間は4時間14分(歩行3時間18分)、アカヤシオ・カタクリ探索の一部藪のミニ尾根歩きだった。

 数年前にアカヤシオの花びらが落ちていたので再訪したが、予想を超える本数ときれいな花だった。惜しむらくはどこからも急登・道無し、だから残ってた? 満足・満足( ´艸`)

          GPS軌跡図(カシミール3D使用)
           
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。
  (承認番号 平27情複、第236号)」
 
  前のページへ     2020年の山      次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップペー