鞍掛山2020

最近、古賀志山のダム下駐車場塊は平日でも満杯に近い。
困ったときのお山はちょっと東へ移動して・・・。

A 鞍掛峠から鞍掛山
@ 長倉山・鞍掛山・鞍槍・540mピーク



A 鞍掛峠から鞍掛山

 最近伐採・植林された鞍掛山の北東麓、今日は鞍掛峠の南下から
市境をお山歩・・・。

  

 

 2020年04月29日のお山めぐりは今年2度目の鞍掛山です。

 新里街道の鞍掛トンネル手前で右の旧道へ入った路肩に駐車して旧道を北上、17分で左が開けて伐採地が目に入った。今日は様子見で気楽なもの、峠の階段の予定をパスして手前から伐採作業道を登る。支尾根上部からは24日のパノラマが広がる。

 
支尾根上の作業道   ↓電波施設跡ピーク
 

 樹林帯に入り、傾斜が増す。足元には花期の終わったカタクリの間にチゴユリが咲き始めていた。雑木帯になって市境を離れて右上へ踏み跡が続き、左上に岩壁が見えてくると踏み跡が左右に分かれる。まずは左を選択だがデンジャラスな登りだった。

 
踏み跡を     右上へ   左上の展望地へ
  

 大きな岩の先の岩頭からは90度のパノラマが広がる。下りには使いたくないなといいつつ、右上に方向を変えて植林斜面の急登(木の根をつかみつつの四駆だった。)になった。傾斜が緩んで東西尾根に付いた登山道に飛び出した。

 展望地から 池ノ鳥屋↓   右上に急登
 

 右にヤマツツジが見え隠れする登山道を進み、見慣れた山名表示板、三角点の待つ山頂には11時02分の到着だった。そさくさと撤収、少々東に戻って北に下る踏み跡に入る。点々とテープが誘うが傾斜は往路とは桁違いに緩い。

 あっという間に往路の分岐を通過した。植林帯に入ってすぐに右下に往路を離れ、別の支尾根の作業道を下る。伐採地に出ると電波施設跡地ピークから半蔵山方面のパノラマが広がっていた。

鞍掛山の山頂     支尾根から半蔵山方面
 

 駐車地(0:18)伐採地取付き(0:24)分岐(0:09)展望地(0:13)山頂(0:09)分岐(0:22)伐採地取付き(0:11)駐車地

 所要時間は1時間51分だった。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」
  


 往路の急斜面は手掛かりなしの部分があり、マイロープなしではちょっと辛そうでお勧めできません。一般ハイカーは御遠慮を・・・。

04.24のページへ    2020年の山    05.01のページへ
 
        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ

 
 


@ 長倉山・鞍掛山・鞍槍・540mピーク

 県北の予定が風予想でキャンセル、近間のお山へGo!

 
 鞍槍直下から鞍掛山
 2020年03月12日のお山めぐりは鞍掛山から古賀志北尾根を歩くことにした。

 赤川ダム下駐車場から8時42分に出発、まずは長倉山に向かう。
 
 最初のピークで尻皮をまとった男性に抜かれる。今年お初の長倉山にはその男性ほか4名の女性が休んでいた。S&Pは会釈して右に下る。左は伐採地で古賀志山の北尾根のパノラマ(画像は2019.07.15「長倉山」参照されたい)をデジカメに収める。

 明るい尾根を下り小沢を渡って舗装路へ出て右に下る。鞍掛山の駐車場は拡張されて3〜4台は多く止まれそうだ。左に進んですぐ右に入り、鳥居の手前で右へ進む。正規の登山道ではなくゴルフ場脇の植林地の薄い踏み跡を登る。

左手前と奥が増加   杉林を   雑木帯を
  

 雑木帯の急登になって、左下から登ってきた双体神からのルートに合流し右上の岩場の登りに進む。最初のピークを越えて左下からの正規ルートに合流し直進で登る。大岩は10時36分の到着、左遠くに加波・筑波、右に古賀志山を見ながら小休憩とした。

   ↓多気山 ↓長倉山 ↓古賀志山


 大岩を撤収、だれもいない山頂を通過し分岐を右下へ向かう。鞍槍は11時23分の到着、ザックを下ろして小休憩で西に下る。鞍部の猪子峠を通過、431mピークへの登り返しで軽装の若い男女とスライド、次の430m級ピークでランチとした。

 しばらく行っていない盗人岩、左奥の日光連山、右奥の高原山塊から那須のお山をデジカメに収めて西進する。手岡峠を通過し、444mピークへの分岐付近でマンサク、13時34分の540mピークでアカヤシオの膨らんだ蕾を確認した。

鞍槍から↓日光連山    ↓高原山塊 アカヤシオの蕾
 

 540mピークでPさんのウルトラマンタイマーがチーカチカ!古賀志山までの予定だったが、本日ここまで。南に下った鞍部で最近伐開(ちょっと大げさかな。)の左に下る。すぐに作業道のジグザグ下りになり、舗装林道の終点に飛び出した。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」
 
 駐車場(0:34)長倉山(0:21)鞍掛山駐車場(0:58)大岩展望台(0:07)山頂(0:26)鞍槍(0:16)猪子峠(0:58)手岡峠(0:25)540mピーク(0:21)林道終点(0:45)駐車場

 所要時間は6時間(歩行5時間11分)、困ったときの古賀志山塊・展望の周遊ピークハントだった。

 エイザンスミレは咲き始め、白のキクザキイチゲも咲いていた。アカヤシオの蕾は去年の3.18と同じくらいか?巷の噂どおり花期は去年より5〜6日早そうだ。
 
   (カシミール3D使用)

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」

前のページへ     2020年の山     次のページへ
 
      ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ