セド山(590m級)

最近見つけた鬼怒川温泉付近の山名をいくつか把握した。
起床遅れの今日は地元で情報収集かなと・・・。

 南東からセド山
 2020年02月24日のお山めぐりは日光市の地形図無名峰探索です。

 日光市鬼怒川温泉上滝の慈眼神社先の路肩に駐車して出発です。奥に向かい、北上して浄水施設の間を抜けて植林地の砂利道に入る。
 
 
 左に小さな施設、その先に赤テープだが奥を覗いてから赤テープ地点に戻り西に入る。すぐに植林地内の赤テープが誘う踏み跡になり、黄色の巡視路標柱の分岐を右に進む。(帰りは左から下ってきた。)

 道は左に緩く登り、右斜面をジグザグに登ると右下から来る尾根に乗り、雑木尾根上を左上に続く。右の木の間に高原山塊が目に入った。南北尾根に出てとりあえず直進で鉄塔敷まで行ってから、南のピークに戻る。

 ここで左へ    直進で鉄塔敷へ    590m級ピークは平頂
  

 582評点より南にある植林のピークは高そうだ。東端に行ってから南西端を下るが、城郭遺構はない。鉄塔式を右下に見て南に下る。この辺りが往路下から見えたピークだろう。地形図実線路に向けて左下を見るが道型なし、適当に斜面を下る。

 傾斜が緩んで道型が見えてきた。GPSを確認、そのまま道型を下ると往路の分岐に出た。

 駐車場所(0:07)取付き(0:23)奥の鉄塔(0:07)山頂(0:19)取付き(0:06)駐車場所

 所要時間は1時間11分(歩行1時間02分)、「後山」探索の小さなピークハントだった。
 
  GPS軌跡図
 (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
 

 出発地点で会った散歩中の地元女性から情報収集だが、山名はわからなかった。

 3月06日、上滝集落入口付近で情報収集、「後山(上滝後山)」と思っていたのは「セド山」で、セド山と思っていたのは「和田平」だった。標高は590mとしたが、下から見えるピークは570m標高線の肩のようだ。


  前のページへ     2020年の山     次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ