大坂山ほか2座
@ 大坂山 A 和田山 B 米山

茨城県の予定だったが、起床遅れでストックを漁り直し・・・。
山部さんの栃木の山283+から3座ピックアップした。
(現在上記ページはありません。)


@ 大坂山(120m級)編
 南東から大坂山   2020年02月18日のお山めぐりは、栃木市(旧都賀町)の大坂山です。

 グーグルマップで駐車できそうな所をピックアップ、北側の幅広路肩に駐車し出発です。
 南に進んだ丁字路で水路にかかった橋を渡り、尾根に取付くことができた。最近手入れされた里山の尾根の藪は皆無、左孟宗竹、右雑木の尾根を登る。傾斜が緩んで右の木の間に要害山を見て徐々に左上に方向を変える。

 右側が植林地となり、倒壊した石祠一基を見て、左右にこんもり盛り上がり、間はダレた凹地、右のほうが高そうだ。

    橋を渡って        登る      中央右が山頂
  

 ピークには大きな木、周りは幅広平地が360度、北側は凹地になっている。東下には狭い平地、南は2段に平地が続いていたが傾斜が緩い。山部さんのレポから地元の言い伝えで山頂からお釈迦様が出たとのことだが宗教的施設の跡だろうか。

   山頂から南は         山頂から北は
 

 山頂には名板もなし、お空は灰色になり、風は冷たく強くなってきたので即撤収、帰路は往路を忠実に戻る。

 所要時間は31分(歩行21分)、地形図無名峰一座終了でした。

 参考 国土地理院電子地形図「下野大柿」
     栃木の山283+さんの「要害山・大坂山」

 GPS軌跡図
 (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
     ↓大坂山   ↓和田山
 

A 和田山(130m級)編

南西から和田山   2020年02月18日のお山めぐりぱーと2は、東隣の和田山です。

 大坂山の南方の幅広路肩に駐車し東進ですが、風が強くなってきたので、フリースの襟を立てた。

 幹線道路に出て左折、すぐに右上に進む舗装路に入る。建設中の太陽熱発電施設を左に見て、道は右上に方向を変える。終点の水道施設の北側背後が山頂なので施設の手前で左上に登る。山頂は石祠一基で樹木に囲まれて展望はなかった。

  右上へ    施設手前で      山頂にて
  

 帰路は往路を忠実に戻る。幹線道路に出る直前で風花が舞ってきた。南の観音山方向は少し煙っているように見える。幹線道路は右折、すぐに左折で西進となる。右奥に牧場らしき施設、その奥に大坂山が目に入った。

 所要時間は31分(歩行29分)のピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「下野大柿」
     栃木の山283+さんの「和田山」
  

B 米山(86m級)編
 北から米山    2020年02月18日のお山めぐりぱーと3は、栃木市の米山です。

 吹上中学校の南東で高速道路傍の86m評点ピークは長宮神社の北奥で、神社入口の駐車スペースから出発です。
 
 再訪の狛犬1対を横目にお社の左から奥へ入る。墓地を左に見て右奥へ進むと、崩し字の石碑が一基の山頂だった。帰路は墓地の参道を下る。

    山頂の石碑        GPS軌跡図
 

 所要時間は14分(歩行登り6分下り7分、計13分)のピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「栃木」
     栃木の山283+さんの「米山」
 
 今日の目的その4は毎年のセツブンソウ詣で、華蔵寺のものは満開を通過?、星野は満開状態だった。

 
 華蔵寺のセツブンソウ 四季の森星野の雄蕊変形のもの
  
 
   前のページへ      2020年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップ