鼠ヶ岳
横隈山(593.5m)鼠ヶ岳(517.2m)

年末にネットの海でゲットの干支のお山
今日は埼玉県北部の展望ピークハントです。
 
 
 横隈山下の伐採地から
 2020年01月10日のお山めぐりは埼玉県本庄市の地形図無名峰「鼠ヶ岳」です。

 本庄市児玉町太駄の「いろは橋」手前で右折、すぐ左に「登山者駐車場」の案内板から左奥の駐車場に車を停めて9時ちょうどに出発です。
 
 舗装路に出て左上へ進む。帰路はこの辺りだろうかと左上に登る未舗装の道を過ぎて沢を渡って左岸を登って行く。最後の民家の車庫上のロウバイはほぼ満開だった。ここで地元男性にご挨拶、舗装路終点が登山口でカウンターを押して奥に進む。

   駐車場は4台       民家のロウバイ
 

 道は明瞭で木橋のひとつは最近整備されたばかりのようだ。9時51分に峠に到着、まずは右上の横隈山だ。少し登って伐採地だが展望はほとんどなし、地積図根点が埋設されていた。再び植林尾根からすぐに伐採地へ、巡視路との分岐は左上に登る。

 小さなコブを越えて右上に登り、左に舗装路が出てくると背後の城峰山方面の展望が広がる。

    平沢峠へ      小伐採尾根      城峰山方面
  

 案内板は舗装路を避けて右上に誘う。植林地内を登りつめると展望台でお山は右だった。こちらも北に展望が開けて赤城、袈裟丸、日光連山だが、奥は雲だった。

    展望台か         横隈山の山頂
 

 往路を戻り、峠から南に登り返す。鉄塔敷を通過し、次の504m評点ピークで左に下ると道無し尾根になった。次の小ピークで右へ直角に下る。

 小さなコブを越えて登り返しが今日一の障壁(急登の壁)だった。Pさんともども4駆で登り、画像は3枚しかなかった。
(鼠ヶ岳の西ピークの斜面は避けたほうが正解でしょう。参考ページを見返してみると最下段GPS軌跡図の黒線のようになっていた。)

 急登斜面へ やっと緩んで     鼠ヶ岳へ
  


 登り切った植林地のピークの東はなだらかに下る。少しの登り返しで山頂と思ったらその先右だった。展望は樹林越しで先ほど滞在の横隈山が目に入った。そさくさと撤収、参考ページにある505m評点ピークに向かうが、その先は大展望地だった。

 今日は不動山・陣見山から外秩父の山々、特徴ある二子山・武甲山のパノラマを見ながらのランチタイムとした。

 505m評点ピーク先は    不動山・陣見山
  

 帰路は505m評点ピーク西の鞍部から右に下る。道型はないがときおり踏み跡模様が現れる。下り切って頃はこの辺りかとGPSでカンニング、右に方向を変える。斜面に道型が現れ、これを辿って行くと逆Y字路で右上へも明瞭な道が登る。ここは左へ下る。

 斜面を右に下るようになると左下に民家が見える。左に畑が出てくると道も広くなり、往路の舗装路に飛び出した。駐車場所到着は12時48分だった。

 駐車場(0:30)登山口(0:20)平沢峠(0:29)横隈山(0:20)平沢峠(0:11)504m評点ピーク(0:28)鼠ヶ岳(0:10)展望地(0:40)駐車場

 所要時間は3時間48分(歩行3時間08分)、展望の干支のお山探訪だった。

 参考 国土地理院電子地形図「鬼石」
     ヤマレコUMEMITUさんの2019.10.14「横隈山」


 
   GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
 
 
 駐車場に戻ると地元の男性から声をかけられた。カウンターの数字(S&P含めて361)を伝えると今年は少ないとのことでした。

   前のページへ     2020年の山    次のページへ

        ようこそしろうと山ヤの部屋トップページへ