刈生田富士山(248.8m)

一富士二鷹三なすび、今日は近間の地形図無名峰へ・・・。
 
 西から刈生田富士山

 2020年01月02日のお山めぐりは市貝町の「刈生田富士山」です。

 西の町道路肩に駐車し、10時10分に出発する。砂利の農道を東進し、「サシバの里刈生田」に向かい、道なりに途中から左上に登る。
 

 大きなビニールハウスを見て右上に舗装路を登り、変形十字路で地図を見ていたら後ろから来た軽トラの男性から展望地への道を教えてもらった。ツツジの頃、星空がいいとのことだ。ついでに昨日の展望地の動画を見せてもらった。

 左もOKだが直進の山道を選び、雑木林の山道を登る。携帯のアンテナ塔の立つ十字路で右が三角点方面だが、左のツツジの展望地に入ってみた。左の高みにベンチがあり、西方に180度の展望が広がる。左奥に石祠2基、右上に東屋があった。

        日光連山         高原山    大佐飛方面


 さて、丁字路に戻って南へ緩く登る。途中で左上に誘う赤テープがあったが、奥に砂利道を登って行くと電波塔敷に出た。GPSでカンニング、三角点は手前だった。電波塔敷の端から植林地内の尾根に直登、二等三角点の場所は木々に囲まれ展望皆無だった。

 三角点の北側は凹地を囲むようにスギの大木が林立、ひょっとしたら石祠があったものか?赤テープが誘う道型は参道のような感じだが、下ってみたら一部藪化していた。

 ちょっと早いがさっきの展望所でランチ休憩、今日は風もほとんどなく日が当たって暖かい。いつも使うコンデジで動画撮影、ミラーレスで日光連山、高原山塊から那須までを撮影して撤収、ツツジの中の幅広道を下る。

 右は「つつじヶ丘山荘」で左に舗装路を下る。右に左に方向を変えて大きなビニールハウス前で左を選ぶ。道なりに進んで西進から北進、幹線道路に出て左折、次の丁字路も左折だが、下図を見たほうが分かりやすい。駐車場所には12時11分の到着だった。

 駐車場(0:30)展望台(0:09)電波塔敷地(0:07)刈生田富士山(0:08)展望台(0:26)駐車場

 所要時間は2時間01分(歩行1時間20分)、展望、地形図無名峰・富士の一座のピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「烏山」
     市貝町史p4
     「・・・丘陵の最高は刈生田富士山248.9mであり、・・・」
 
   GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
 

 山名は市貝町史から把握、読みは「ふじやま」かも。再訪の干支の子の山ほかは合間見て歩きましょう。

 次の城郭探索・茂木町東部の地形図無名峰190m級ピーク(往復1時間50分)はトゲ付きのかなりの藪斜面の連続で、帰路に今日メインで使ったサブコンデジを紛失してしまった。償却済機種だが画像は戻らず・・・。(/_;)


  前のページへ     2020年の山      次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ