点名「猪ノ澤」(407.6m)

年末近くでしばらくぶりの風邪っぴき・・・。
間が空いた今日のお山歩は県内の猪の文字のお山へ
ついでに花立峠に微妙な凹凸はあるか?

 
 南から411mピーク方面
 2019年01月03日のお山めぐりは那珂川町大山田下郷の三角点峰・点名「猪ノ澤」です。

 今中の町道大内大山田線交差点から西に入った地点の北側路肩に駐車し10時58分に出発、北西進する。

 花立峠に向かって12分、右の路肩が広くなったところで右上に登る踏み跡へ入る。すぐに踏み跡は消失し小指程のシノダケ藪の斜面を登る。なんとか尾根に乗るがシノダケ藪は断続的に出てくる。

 細尾根になって一度藪が消えるが411m評点ピーク直下で藪が復活した。ピーク直下で左右に微妙な凹凸が走るが、昔の里道のようだ。植林地の山頂はコンクリート標柱が一本あるだけだった。北に進む尾根上はさっきの里道が続いているようだ。

    ここで右上へ     シノダケ斜面 411m評点ピークにて
   

 三角点ピークを避けて道型は左右に分かれる。植林地内の尾根を直登し、石祠一基、四等三角点が待つ平らな山頂には12時18分の到着だった。

    尾根上を北進      点名「猪ノ澤」にて
  

 おあとは北進して花立峠経由で右に下る。木に塗られた赤ペンキ、ときどきテープが誘うが、途中からアオキが繁茂してきた。小さく「Z」型に下り、道が細くなってきたが、すぐに視界が開けて間越の集落に出た。

   花立峠の切り開け      ロウバイ
  

 駐車場所(0:12)取り付き(0:50)411m評点ピーク(0:12)三角点(0:15)花立峠(0:55)駐車場所

 所要時間は2時間39分(歩行2時間24分)、干支の猪の文字のお山の藪付きピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「下野小川」

 出発時は風花が舞っていたが、411m評点ピーク付近で青空が覗き、帰路の間越集落では民家のロウバイが咲き始めていた。花立の語は旗立からきているとのことだが、ピークから花立峠間は微妙な凹凸はなかった。

   GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
 
 

 当初予定は福島県の「猪集」で体調不良でパスした。県内では日光市の猪倉観音山・猪ノ口山、そして足利市の猪子岳(猪子山)だが再訪でちょっと魅力に欠ける。ホームページに掲載なしの「猪集」と「猪子岳」は4月の花の時期が一番だろう。


  前のページへ     2019年の山      次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ