栃原山(514.0m)

今日は気温も高く、快晴の予報
1週間前の塩沢権現山の近くの未踏のお山へ

 左奥が栃原山
 2018年12月21日のお山めぐりは大子町の栃原山です。

 タバッコ峠を約700m北に下り、左の未舗装の空地に駐車し10時18分に出発、反対側(東)の伐採斜面を見るが、作業道は藪に覆われており、次の伐採地に向かう。

 南に少し戻って左(東)の伐採地に入る作業道は左上と直進に別れるが、直進は藪が濃そうで左上の支線を選択、右上に登る支尾根に乗った。標高400mを越えると右に尺丈山が浮かぶ。グーグルマップの航空写真で見た伐採地を選んで正解だった。

  先で左へ      右に尺丈山       尾根上はヤブ繁茂
   

 伐採地最上部からは雑木・実生の松などの藪、タバッコ峠からの主尾根に出て左へ進むとひざ丈の笹尾根で冒頭の画像の景色が目に入る。その先は北東に引き込まれたが、すぐに右に補正し事なきを得た。

 左植林地右雑木の尾根の下りから登り返して栃原山三角点の南下にあるコブへ、東側は伐採地だが伸びた木々で展望はない。

     コブの先は       三角点   三角点先から男体山
   

 ここで直角に左上へ方向変換、急登の後で右に方向を変えて三角点のある南の肩、刈り払いされた斜面を登り切ると栃原山だった。

         山頂から北                 山頂
  

 北西から北が開けて展望が広がる。ランチは北に少し下った伐採地の鞍部とした。先ほど見えなかった日光連山から那須連山までパノラマが広がる。風もほとんどなく30分近くゆっくりとした。

   鞍部から栃茨県境       栃原山へ
  

 山頂に戻って、三角点との間にある主尾根を東に下る。最初こそイバラがあったが、すぐに笹と雑木、中間からは松混じりの展望尾根を愛宕山に向かって下る。

    愛宕山目指して    右に奥久慈男体山   踏み跡出現
   

 鞍部の舗装林道に出て、Pさんと協議。予定は愛宕山から地形図無名の富士山までだが、13時を過ぎているので左に林道を下ることにした。一か所、栃原の鹿島神社に寄って狛ちゃんに御挨拶、駐車場所には14時54分の到着だった。

 駐車場所(1:40)栃原山(0:31)舗装林道(1:42)駐車場所

 所要時間は4時間36分(歩行3時間53分)、展望、藪尾根の周遊ピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「常陸大沢」
     ホームページ「大子山岳会」さんの「栃原山」
 
  GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
  
 

 今日は冬至、一年でいちばん昼が短い日だ。再訪の愛宕山手前の舗装路の峠で13時10分では北面の下り斜面は暗くなるかも・・・。ということでショートカットしてしまった。参考ページの往路は平成30年度の伐採中で通行不能、往路の尾根上の展望といい、予定の取り付きは正解だった。山頂は平成30年度全伐になるようで来年4月以降なら360度の展望が可能かもしれない。

  前のページへ      2018年の山     次のページへ

       
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ