鞍掛山(492.4m)
鞍掛山から鞍槍


寒くなって完全に出そびれた。
今日は近間のランチハイクに決定だ。

 
 南東から鞍掛山
 2018年12月10日のお山めぐりは宇都宮市の鞍掛山から鞍槍です。

 鞍掛山登山口の手前にある林道Y字路部分の駐車スペースから10時56分に出発する。

 鳥居の少し手前で右上に入る2014年11月04日のマイナールートを登る。岩場の斜面はよく見ればルートが読めるが、右に引っ張られそうで要注意箇所だ。左下からの双体神からの明瞭なルートへ、見覚えのある丁字路の案内板を見て右(案内板では下)へ登る。

 右下の松島へ案内板が誘うがパス、直進でピークを越える。少し下った鞍部は丁字路で本来の登山道に出る。北に登り返した大岩には7~8人の男女が大休憩中だった。S&Pは奥に進み、山頂との中間地点でランチ休憩とした。

 右の踏み跡へ   丁字路の案内板      松島へはパス
   

 帰路は鞍槍経由とした。鞍掛山を撤収、次の小ピークを直進で下るルートもあるが、今日は右下を選択、鞍槍に登り返す。山頂近くになって背後に鞍掛山が目に入った。山頂は右が開けて、日光連山から高原山塊まで展望が広がっていた。

    背後に鞍掛山        鞍槍から日光連山・高原山塊
  

 小休憩〇分で撤収、猪倉峠の板のある鞍部から左に下る。駐車場所には13時32分の到着だった。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

 駐車場所(1:00)大岩(0:06)鞍掛山(0:24)鞍槍(0:19)猪倉峠(0:22)駐車場所

 所要時間は2時間38分(歩行2時間11分)、展望・ツツジの残りモミジのランチハイクだった。

 往路の450m級ピークまでの登りは正規のルートではないので、ご注意ください。
 
  GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」  
 

 今日は起床が遅れた。大したお山は歩いてないが、長距離運転の疲れがたまっているようだ。

   前のページへ      2018年の山     次のページへ

          
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ