女倉山ほか

  
①女倉山(210m級)②羽黒山(230)m級
       ③城山(170m級)



  ① 女倉山(210m級)編

 宇都宮・大子町間にいつも使う国道461号線、道路際に目立つ小さな鋭鋒がひとつ、今日は醍醐100名山の小さなピークハントへ出発です。

 南西から女倉山
 2018年11月25日のお山めぐりは大子町の女倉(めぐら)山です。

 次に向かう羽黒山取り付きの羽黒神社鳥居近くの路肩に駐車し出発、国道を東進です。

 女倉山の南で左に舗装路を入る。右上に石碑2基を見て右に細道が2つのピークの鞍部方向へ、もうひとつは、石碑の裏側を右上に細道が登る。少考して石碑の裏側を見ながら右上へ登る。

 国道から左へ    右上に石碑       右上へ
   

 まっすぐは畑なので左上に登る。再び右上に方向を変えると墓地で、左上に細い踏み跡を登る。道はジグザグ急登になる。周りは終盤の黄葉、少ないが赤もあった。登り切って植林地の平頂の右端を行くと一か所だけ右の木の間に次の羽黒山が見えた。

 ジグザグ登りへ   平頂の右を         羽黒山↓
   

 平頂の真ん中に平成27年の愛宕神社・別雷神社跡の文字の石柱があった。やはり城郭だ。北の斜面を覗くと削平地があり、下段まで下ってみた。

     山頂の石柱      北の連続する段差
  

 石柱地点で記念のデータを撮って東斜面に行ってみるとこちらにもダレてはいるが削平地があった。帰路は忠実に往路を戻った。

 駐車場所(0:06)石碑下の分岐(0:19)山頂(0:15)石碑下の分岐(0:06)駐車場所

 所要時間は1時間00分(歩行46分)、中世城郭のお山のピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「大子」
     書籍「醍醐100名山」

 
  GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」  
  

 数日前からPさんは体調不良、寝違えか首が回らず・・・。ザックを背負わずに行けるところは、ということで小さなピークハントとした。大子は紅葉は終盤、女倉山も黄色が主体だが赤も少々見ることができた。


  ② 羽黒山(230m級)編

 車に戻ってランチの後、2座目の小さな醍醐100名山へ出発です。

女倉山下から羽黒山
 2018年11月25日午後イチのお山めぐりは羽黒山です。

 国道沿いの鳥居をくぐって羽黒神社は2度目、今日は拝殿の裏側に回って石段を登る。手入れがされてないのか、イノコヅチやミズヒキ、トゲのある草を踏み倒すので時間がかかる。
 

 醍醐百名山では石段は248段というが、藪分けで数を忘れた。石段が終了し、岩が出てきた尾根から離れて左を巻く参道を登る。山頂直下のお社には年代不明の狛犬が鎮座、しばしデジカメにお姿を収める。お社背後の山頂は岩が重なっていた。

     羽黒神社へ     裏の石段を   山頂のお社に狛犬
   

 西に下る尾根は牛の背中か、お社に戻って仕切り直し南側に付いたけもの道?を辿る。西の鞍部からは北に作業道が下る。 視界が開けて正面に醍醐百名山「寺山」を見て獣除けの電線を跨ぐ。ほどなく国道に出て右折し、駐車場所に戻る。

 鳥居(0:04)羽黒神社(0:18)山頂(0:04)鞍部(0:06)国道(0:03)鳥居

 所要時間は43分(歩行35分)、醍醐百名山の一座の小さなピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「大子」
     書籍「醍醐100名山」

 羽黒神社には以前気がつかなかった山頂の奥社があり、年代不明の狛犬1対があった。ラッキー!


 ③ 城山(170m級)

 今日の最後は醍醐百名山の寺山だったが、いつもの予定変更だ。

南西から城山
 2018年11月25日のお山めぐりの最後は城山です。

 国道沿いの路肩に駐車し、城山東側に向けて左上に舗装路を入る。すぐの分岐は左上へ登り、傾斜が緩んだところで再度左へ進む。

 未舗装の丁字路は左へ、竹林の中へ入る。右に薄い踏み跡が入っているようだが直進を選ぶ。(右が正解だった。)道は右へ進んで左が開ける。水平道は西から北へ回り込んでいたが、右側の山頂は急斜面に閉ざされていた。

 南西まで戻り、緩そうな一角を直登する。登りついたところはお社が一基、城山の山頂だった。

   この斜面を左上へ 赤テープに山名と標高 山頂のお社
   

 付近を歩き回り、山頂から東に向かう。往路に出て左へ、おあとは舗装路を右に下る。

 駐車場(0:16)山頂(0:11)駐車場

 参考 国土地理院電子地形図「大子」
     書籍「醍醐百名山」

 所要時間は29分(歩行27分)、中世城郭の散歩だった。
 
GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  

  前のページへ       2018年の山       次のページへ

           
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ