寒成山(621.3m)

今回本命は大六天山、しかし片道300k超とかなり遠い。
行きがけの駄賃のお山は・・・。


 東から寒成山
 2018年11月13日のお山めぐりは宮城県白石市の寒成山です。

 飛不動の駐車場は参拝者のみ、取り付きの林道脇の1台だけOKのスペースに駐車し、10時23分に出発です。

 砂利の林道を歩き始めてすぐにゲート、逆S字に杉林の中を進むうちに2カ所で前方が開ける。2か所目から見えるピークが寒成山の尾根だろう。左に曲がってすぐに右に入る実線路分岐を通過するといわゆる峠かな、右側に踏み跡があり、木杭に3段巻きのテープが誘う。

 ゲートから駐車場所を     進行方向に     登山口の木杭
   

 植林地の中は踏み跡は明瞭、ヤマブキ、クロモジ等の黄色い葉、そして被さる小藪が少々うるさい。雑木帯になると下草はほとんどない。左は緩傾斜、右は切れ落ちた尾根についた登山道は、岩塊、赤のモミジがいくつか出るようになると尾根を離れて左を巻く。

 
植林帯の登り 雑木帯の登り   左に巻くと赤が
    

 右に尾根筋に復帰してすぐに石祠のあるピークの東端に着く。奥にツツジの枝を左右に分けて進んで11時40分、北側が開けた山頂に到着した。不忘山が見えるはずだが山頂は雲に隠れていた。

       石祠           山頂にて
  
  七ヶ宿湖↓  ↓不忘山かな?
 

 冷たい風が出てきた狭い山頂は寒い。風を避けてエネルギー補給の小休憩で撤収、往路を忠実に戻る。ときどき陽が当たる数少ない紅葉をデジカメに収めて、駐車場所には12時42分の到着だった。

 駐車場所(0:25)峠(0:50)山頂(0:26)峠(0:15)駐車場所

 所要時間は2時間19分(歩行1時間56分)、展望・残りモミジのピークハントだった。

 参考 国土地理院電子地形図「白石南部」
     分県登山ガイド「3 宮城県の山」
 
  GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」  


 今夜は七ヶ宿湖畔で泊まりたいが、女川はまだまだ遠い。やっぱり道の駅上品(じょうぼん)の郷だろうなあ。

   前のページへ      2018年の山       次のページへ

            
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ