伊釜山(280m級)
聖観音から伐採地探索と伊釜山


最近気になっていた古賀志山南面の伐採地
午後3時から所要のあるS&Pは午前中のお山歩へ

古賀志大神と猪落
 2018年10月17日のお山めぐりは古賀志山南面の伐採地からしばらくぶりの伊釜山(クリック)です。

 城山小脇の終わり間近のシュウカイドウを見て奥の登山者用駐車場から10時48分に出発、舗装路を登る。
 
 丁字路分岐は右へ、次の丁字路は直進ではなく左上へ進み、舗装路終点で石祠3基を見て右の砂利道を登る。人声のする左上の岩場に遊ぶ男女を見て、奥に進む。少し登った分岐から右上が岩下道で、聖観音の名板とその奥の3体の石仏を参拝して急登になる。

 右下からの踏み跡に合流し、支尾根を越える。左上の踏み跡はマラ岩方面だろうから行き止まりだろう。東進して登りになると男性2名、倒木が道を塞いだ地点で男女ペアとスライドだが、平日では珍しいことと思う。

      聖観音       けっこう急登     伐採地へ
   

 1分もかからず伐採地で左上は岩壁、右にパノラマが広がる。左上への薄い踏み跡は古賀志大神方面だろうか、次回辿ることにして、東進を選ぶ。猪落(ししおとし)の岩壁先のヤマザクラは分岐の目印だが、一部伐採されていた。

 猪落から御岳山は少々時間がかかるので本日これまで、ランチ休憩とした。

   展望    ↓多気山          目印の桜は一部伐採
  

 帰路は薄い踏み跡を追って支尾根を南下、すぐに伐採地の作業道に出てこれを下る。舗装路に出て右へ、伊釜山経由を選ぶ。再訪の伊釜山には貫禄に出てきたSHCカワスミ氏の板のほかに「日吉山王7社跡」「伊釜山(高小屋)」の2枚が増えていた。

       下る           名板3枚
  

 南に下って舗装路へ、右へ戻って駐車場だが手入れがないのか草が被りかけていた。

 駐車場(0:28)聖観音(0:26)猪落分岐(0:30)伊釜山(0:11)駐車場

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

 所要時間は1時間59分(歩行1時間35分)、展望のお山歩だった。
 
 GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
  
   

 伐採地の展望で岩下道にハイカーが増えたか?10月06日の散歩で見つからなかったセンブリは、ここでは先端にお花がひとつ、今が咲き始めだったようだ。

  前のページへ      2018年の山      次のページへ

         ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ