点名「熊ノ沢山」(1798.4m)

今日はPさんの足がうずうず
温泉ヶ岳の軽い予定だったが、金精峠は路肩まで満杯
気を取り直して10月中旬予定のお山へ・・・。

 
 山王林道から熊ノ沢山
 2018年09月23日のお山めぐりは地形図無名の三角点峰点名「熊ノ沢山」です。

 参考ページのレポから山王峠を下り始めてすぐの地形図実践路の分岐のゲート手前の端に駐車し、9時17分に出発する。

 のっけから下る舗装路はすぐに緩んでは下りの砂利道に変わる。3度目の左カーブ地点でゲートを開けて入った車とスライドする。太郎山方向に登る地形図実践路の入口を確認して通過した。

 1696m評点ピークを左から大きく巻くように進む保安林管理道熊野沢線は標高1600m地点で、北から北北西に方向を変えて下り気味になる。10時15分、右上の1696m評点ピークから下る尾根鞍部で同線と別れて尾根に取り付く。

   ゲート手前に駐車  崩れている所あり ここで右上の尾根へ
   

 標高差約200mの登りの尾根はミヤコザサ主体で鹿道が進んでおり、古い鹿フンも見られる。尾根上はときどきシャクナゲなどの密集地帯、倒木が邪魔をするが、左右に空間を求めて登る。

 1771m評点ピークと三角点との間の小ピーク手前で右の三角点ピーク方面に笹の斜面をトラバース、鞍部で主尾根に復帰し右に登る。黒木の生枝、シャクナゲ、倒木の障害物地帯を通過し、三角点と山部さんの名板一枚の待つ熊ノ沢山には11時31分の到着だった。

   最初の小ピーク    下草はないが   展望なしの山頂
   

 11時50分に撤収、往路を戻る。途中でGPSの電池が切れたが、往路で要所残したしばらくぶりのピンクの紙テープを外しながら下る。取り付きの鞍部から登り返した左側にはフライングの赤のモミジをデジカメに収める。

 林道の木の間から高薙山・於呂倶羅山そして山王帽子山を見ながら戻る。駐車場所には13時58分の到着だった。

 駐車場所(0:58)尾根取り付き(1:15)山頂(0:53)尾根取り付き(1:11)駐車場所

 所要時間は4時間41分(歩行4時間17分)、未踏の三角点ピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「川俣温泉」
     栃木283山+さんの「熊の沢山」
     ハイトスの里山山行記さんの「熊野沢山」
 
  GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
  

 
当ページでは山名は点の記より点名「熊ノ沢山」とした。今日は温泉ヶ岳のピンチヒッターだった。展望のないこのお山は新緑か紅葉時期だろうか。まあフライングの真っ赤な紅葉も見られたし、ヨシとしましょう。

   前のページへ       2018年の山       次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ