妙高山(2454m)

長野県北部から新潟県の予報は晴れになった。
紅葉の最適期ではなし、平日なら混雑はなかろう。
ということで最後の頚城三山の一座へ!

 午後3時の山麓から

 2018年09月19日のお山めぐりは新潟県の「越後富士」とも呼ばれる「妙高山」とした。

 燕温泉下の無料駐車場から5時20分に出発、温泉街を抜けて登山口で登山届を入れて奥に向かう。今日の登りは北地獄谷コースなのだ。

 幅広い道は橋を渡ると山道になった。惣滝への分岐は左へ、登山者カウンターを通過すると伏木の階段道、ロープが現れる。5時49分に「一合目1210m妙高中」の案内板に続き、6時13分に二合目の板のところが燕新道との分岐で左に入る。

 沢状の道から掘割道へ変わる。下りになって岩に「血の池」の表示板のある湿地へ出て、小沢を渡ると三合目の板を見た。支尾根を登るようになると視界が開けて、左の山腹に一条の細い滝、右に見えるお山は神奈山だろうか。

     登山口へ       橋を渡る    燕新道分岐は左へ
   

 支尾根途中から左に下るようになると朝露で濡れた笹が被る。7時23分に温泉の白い水流の沢に出た地点が湯道分岐で、容易に対岸(右岸)に渡れる。右岸を登る登山道は笹の刈払いが入っていた。

 「胸突き八丁入口」のすぐ先に「胸突き八丁」の案内板を見る。登山道は岩がゴロゴロで登りにくい。五合目の板を見るが四合目は見落としたか?ジグザグの急登から尾根に出て右上へ登って8時23分、石祠のある天狗堂に到着した。反対側からは登山道が登ってきていた。

  湯道分岐で沢を渡る    登山道        天狗堂
   

 10分休憩でりんご一個をエネルギー補給し再スタートとした。次は光善寺池、進行方向に見えるのは妙高山だろう。次いで七合目、八合目と通過だが、トレランの男性2名ほかに追い抜かれこそすれ、追いつくハイカーは皆無だった。(/_;)

 尾根上を左右に進む登山道傍のナナカマドは赤くなっていた。鎖場近くになって右に展望が広がり、パノラマをデジカメに収める。

 光善寺池脇から妙高山   鎖場手前から斑尾山・野尻湖方面
  

 二本のロープの下がる斜面の上が九合目でお話し中の男女の先になって鎖場を登る。鎖場には足場があり、直上から左へ、そして右上へ登る。急登先左の岩棚から北アルプス方面が浮かぶ。

    鎖場   左端の高妻山と北アルプス    十合目
   

 次は灌木の尾根で大きな岩は左から巻くように赤ペンキが誘う。岩場はときどき四駆で、10時17分に十合目の案内板に到着、南峰はすぐ右だが左の北峰に向かう。9分で北峰三角点に到着、岩の上から頚城三山の焼山(ここをクリック)と火打山を見て、動画&静止画をデジカメに収める。

 懐かしの焼山&火打山   山頂にて        南峰
   

 ランチ休憩のあとで南峰へ、証拠データを撮って11時02分に撤収、往路を戻る。

     ↓高妻山    ↓北ア      ↓焼山↓火打山
 

 さすが百名山、まだまだ登ってくる。最後は八合目で断念の男性でスマホのシャッターを依頼された。光善寺池を撮影中に往路で何度か前後した女性が先に下る。

 沢を渡って湯道分岐で直進の往路を見て、右に下る。赤い沢床に白い流れを渡って右岸に移る。道は平らで歩きやすい。ジグザグ下りから滝の落ち口を左に見て右へ下る。コンクリート舗装になると左に赤倉温泉の源泉管理小屋、右に水場を見る。

     沢を渡る      称名滝・光明滝   舗装の管理道
   

 左は切れているが右は斜面でダイモンジソウ、チョウジギク、アキギリ、トモエシオガマ、クロバナヒキオコシなどが咲く。この道は往路と違い、ずっと左が開けて気持ちがいい。

 登山者カウンターを通過して丁字路に出て車道を左に下る。薬師堂を通って登山口へ、おあとは温泉街を抜けて駐車場到着は13時57分だった。

 駐車場(0:05)登山口(0:46)燕新道分岐(1:10)湯道分岐(1:02)天狗堂(1:03)鎖場(0:33)十合目(0:09)北峰(0:09)南峰(0:31)鎖場(0:42)天狗堂(0:37)湯道分岐(0:59)登山口(0:05)駐車場

 所要時間は8時間37分(歩行7時間51分)、日本百名山・ふるさと富士の一座のピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地形図「妙高山」「赤倉」
     ブルーガイドハイカー「妙高・戸隠・越後の山々」
                       (2001.05.10初版)

 
GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
   

 新潟県勤務時に高速道路から何時も見ていた妙高山、現役時の火打山、2014年の焼山に続いてやっと頚城三山が終了した。2日目朝、最近の軟弱歩きのツケで両足大腿四頭筋が疼く。そろそろ登り4時間の壁が高くなってきそうだな。(/_;)

   前のページへ      2018年の山      次のページへ 

         
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ