古賀志山塊2018

  2018.06.07 三角山から長倉山 編

 古賀志山腹の小さなピーク群は、S&Pの散歩コースです。前回の散歩は5月30日、今回は目を付けていたラン科の植物の確認と小さなピークハントです。

二枚岩から三角山
 
 2018年06月07日のお山めぐりは今年初の三角山から再訪の長倉山です。

 当初予定は540mピークから559mピーク・古賀志山だったが、肝心の昼食を忘れたことに気が付いての変更
です。
 赤川ダム脇の細野林道から鞍掛林道分岐は左へ、石祠前の分岐を直進し、沢コース分岐の先で右上に登る踏み跡に入る。こっちから登るのは2度目、最初は藪を分けるようだが、すぐに藪は消える。

 尾根に乗って左上へ向かう。急登だが岩が出てきて楽しい登りだ。傾斜が緩んで人の声が聞こえた。今年初の三角山には男性1名、女性2名が大休憩中だった。

 
    ここで右へ        登り      山頂から中尾根
   

 山頂で中尾根の展望をデジカメに収め、そさくさと撤収し北東に下る。こちらは急降下のあとは、両側が切れ落ちた細尾根、大岩にロープが下がるマイナールートである。植林地内の踏み跡から作業道に出て左下へ向かうが、これも踏み跡に代わり、舗装路に飛び出す。

 右は往路の石祠前の分岐、今日は左に向かう。丁字路分岐は直進、舗装路の最高地点を過ぎて右にカーブする地点で正面に踏み跡を登ると北登山道に飛び出し視界が開ける。右上の小ピークに登ると左に鞍槍から鞍掛山、遠く雨乞山のパノラマが広がる。

 
 振り返ったロープ場   ここで左上へ     ↓鞍槍   ↓鞍掛山
   

 もうひとつ小さなピークを越えると展望はなくなる。鞍掛山への舗装路を横断し、長倉山経由で戻る。南東に下る登山道の途中から右に下るマイナールートに入る。2度目だが以前より笹が繁茂していた。目新しい花もなく、長倉林道へ出て左へ下ると細野ダム下の駐車場に着いた。

 所要時間は2時間50分、あれっ古賀志山ピークハントとほぼ同じタイム、花探しに時間がかかっていたようだな。

 今日の目的の花はクモキリソウ、ついでにいくつか・・・。

     クモキリソウ     ユキノシタ      シモツケ

   
 
 GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
  
 


   前のページへ      2018年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ