舟窪山(1044m)

京ヶ倉のあとは霧訪山の予定だったが体調を考慮して
神社&石仏石神めぐりに走る。

 
 雑木の山頂

 2018年04月29日のお山めぐりは修那羅山安宮神社のある舟窪山です。

 修那羅峠の北側の駐車場から8時24分にスタート、反対側の位置の鳥居をくぐる。参道は舗装路で左側はタンポポ群落の黄色がまぶしい。

 舗装路が左に曲がるころ右奥に鳥居があるが、時間的にまだ早い。右へ、そして左へ方向を変えると傾斜が増し、道は斜めチェックの溝が彫られたコンクリート舗装になった。24分で二の鳥居で左奥から車道が上がってきていた。鳥居の左奥には石仏、牛の石像があった。

 
  修那羅峠から出発  ヤマザクラ下を  左に十観山方面
   

 奥の拝殿右に石仏群への入口をくぐる。順路に従って右側を回る。冒頭画像の猫神2体はこちらにあった。ひと通り回ってピーク下を左に進むと今日の収穫その1の山犬と思しき一体を見た。終点から右上に登り、主稜線に出て右へ登る。鬼神3体を見て雑木の山頂には展望も名板もなかった。

     安宮神社へ      山犬像        山頂にて
   

 東に下って女神様へ出た。参拝客が去ったあと、今日の収穫その2の三峰山眷?の文字を背中に持つ山犬像一体を見る。800体を超すという石仏・石神めぐりを終了して拝殿前から二の鳥居に戻ると東側の高みに安宮神社の石祠、阿吽の猫像があった。

 帰路は往路を忠実に戻るほかはない。

 駐車場所(0:24)安宮神社(0:25)山頂(0:07)安宮神社(0:14)駐車場所

 所要時間は1時間46分(歩行1時間10分・石仏撮影タイム含む。)、山頂は展望なし・石仏石神探索のピークハントだった。

参考 国土地理院電子地形図「信濃西条」
    筑北村のホームページの
     修那羅山(しゅならさん/しょならさん)安宮神社・修那羅石仏群

 GPS軌跡図
  (カシミール3D使用)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」
  
 

 山頂下の神社は修那羅山安宮神社、山の名前は修那羅山かと思ったら、上記画像左の三角点峰が修那羅山らしい。筑北村のホームページから安宮神社のある1044mピークは舟窪山と呼ばれているようだ。

 
一度見たかったふんどし着用の猫神さんは別場所、次回この辺りに来たときに訪問しましょう。

   前のページへ     2018年の山     次のページへ

          
ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ