国上山
国上山(312.8m)剣ヶ峰(292m)
黒滝城址(246m)


ここ数年3月末から4月初めの予定のストック
天気予報も晴れマークの連続で新潟県へGo!!


 
道の駅「国上」から 
 2018年03月28日のお山めぐりは新潟県燕市の国上山です。

 道の駅から7時50分に出発、酒吞童子神社から裏側の登山道に入る。道はよく踏まれており、杉林を抜けるとカタクリ、キクザキイチゲが目に入った。 

 最初の分岐で右上に向かう。傾斜が緩んでカタクリがポツポツ、登りになってセリバオウレン、ショウジョウバカマが咲いていた。右の幸八山展望台へ寄ってみたが、展望はなかった。

 尾根に出て左へ進む。あらあら尾根正面の壁を避けて登山道は右から巻いており、少し進んで左上にVゾーンが見える。これは城郭かと左上に登ってみると展望が広がる。手前を見れば「山城渡部城址天神山」の標柱があった。(渡部城址が見えるということのようだ。)

    分岐で右上へ        渡部城址からの展望
  

 登り切って左へ進み、舗装路を横断したところで右上に入ってユキワリソウを見る。予定は朝日展望台経由のため、すぐに往路を戻って舗装路下のトンネルをくぐる。朝日展望台から国上寺へ、そして登山道に入る。密度は薄いが登山道両側はカタクリが延々と咲いている。

 朝日展望台から国上山  国上寺の右が登山口
   

 道が右上に方向を変えると背後に展望が広がる。ベンチのある展望所からは剣ヶ峰、弥彦山が目に入った。地形図破線路を離れて左に方向を変えるとセリバオウレン・ショウジョウバカマに代わる。

 ト字路分岐は右に進んで展望台にで寄ってみた。木の間に治水遺産大河津分水、樹木越しに出発地の道の駅が確認できた。分岐からは道の両側はカタクリに代わる。山頂は南北に平らで樹木が伸びて展望はほんの少しだ。マンサク咲く山頂のベンチで小休憩の後に北に下る。

    剣ヶ峰   オーレンとショウジョウバカマ  国上山にて
  
 

 おおっと左はダレた堀切?、左右に段々の削平地のようだが城郭だったのだろうか?左の斜面にポツポツとユキワリソウが見える。ここから剣ヶ峰分岐に下り、剣ヶ峰に向かう。色付きの様々なユキワリソウをデジカメに収めながらなので時間がかかる。

 
   剣ヶ峰は左へ        ユキワリソウ
  

 緩いアップダウンの雑木尾根からスギの植林尾根は急登で、途中に色付きのキクザキイチゲを見る。雑木帯になると登山道の両面は満開のカタクリ斜面になる。登り切って平らな山頂はカタクリとキクザキイチゲに囲まれていた。後から来た2名の男女は大休憩のようだ。

  青のキクザキイチゲ 登山道はカタクリ  剣ヶ峰(剣ヶ峰砦)
   

 奥に下ると明瞭な2つの空堀を通過、下る途中で左に弥彦山が浮かぶ。その先は細尾根の急降下だった。尾根が右に方向を変えて下った先は砂利の林道で反対側に黒滝城址の入口が見えた。

 左の実線路で雨乞山も考えたが、当初予定どおり黒滝城址に進む。高さ20mという堀切を越えて、山頂の石祠前でランチ休憩とした。

 剣ヶ峰の下りから弥彦山 20m堀切へ   黒滝城址の頂にて
   

 帰路は奥に階段道を下る。搦手道の案内板から杉林の中をジグザグ急降下、今回の山行きで初めて湿地の道を通る。沢沿い右岸(右)の下りになって一か所根っこ付で倒れた大木が登山道をふさいでいた。おあとは杉林の中のジグザグ下りから舗装路に飛び出す。

 舗装路を東進し、麓一区の神社に寄ってから旧道を南下、もう一か所は東進して長辰の神社経由の寄り道を追加し、道の駅には13時39分の到着だった。

 所要時間は5時間49分、花探索の予定が城郭めぐり・狛犬めぐりも追加の周遊ハイクだった。(むきもなく花を撮りまくったので歩行時間は省略)

 参考 国土地理院電子地形図「弥彦」
     新・にいがたファミリー登山
 
  GPS軌跡図
 (カシミール3D使用)

 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」  
 

 国上山は登ろうとしてから15年以上経過、ユキワリソウの時期に登ろうと思っていたのだが、ネット情報では剣ヶ峰への縦走路が色付きの花が多いという。今日は快晴、ユキワリソウもだが、剣ヶ峰のカタクリは感激モノでした。ほかに見た花はコシノカンアオイ・ミチノクエンゴサク・エンレイソウ・ナニワズ・マンサクでした。

 帰ってからネットで情報収集、「越後の古城めぐり 古城狂がいく 越後古城址・館跡」さんから国上山は城郭だったことを知った。超マイナーな城郭のようだ。今日は花探索の+アルファで城郭めぐりとなった。

   前のページへ      2018年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ