三毳山(青竜ヶ岳)
中岳(209.8m)三毳山(229m)


ネットを徘徊すれば佐野のカタクリが満開に近いようだ。
古賀志山は早いとして5年ぶりに覗いてみようか。

 
 東口から中岳方面

 2018年03月23日のお山めぐりは再訪4回目の三毳山です。(過去レポは2回2008年&2013年) 

 今回は東口からカタクリ園地経由で中岳に向かい、11時22分に駐車場を出発、左の芝生広場の桜は満開だった。

 湿性自然植物園経由でカタクリの園から中岳へ登るが、斜面のカタクリはほぼ満開状態で見事なジュウタンを形成していた。

   カタクリのジュウタン       ほぼ満開
  

 団体さんが去った中岳で小休憩だが、入れ代わり立ち代わりの人で落ち着けない。北に下って舗装路を横断した先のベンチで小休憩だ。

 今年は戌年、なんかあったよなあと腰を上げると露岩の尾根に「犬石」の案内板が連続する。どれが犬石かわからん。緩いアップダウンの尾根道から再度の舗装路を横断して当ページでは3度めの三毳山(青竜ヶ岳)の山頂だが上空に黒雲がかかり、風が強くなってきて肌寒い。

  フライングの山ツツジ    青竜ヶ岳山頂
  

 金網の北側にいた4人の男女が下ったのを見てS&Pも後を追う。分岐は右へ、カタクリの里へ向かう。次の丁字路で左(直進はカタクリ山)へ下ると獣除けの柵を通過しカタクリ斜面が現れ、最上部まで開花していた。

 前回白花カタクリを見たあたりで3人の男女から情報収集、反対側にもあるという白花は逆向きで遠く、望遠48倍が必要だった。

     白カタクリ        48倍の先の3本
  

 帰路は予定通りにカタクリ山経由で東口に戻ることにした。とちぎ花センター前でしばし考慮、施設の中へ、温室巡りの後に400円×2の有料温室で咲き始めたというヒスイカズラを見る。東口の駐車場は施設を出てすぐで、15時45分の到着だった。

 
花センターから左奥に三毳山    ヒスイカズラ
  

 所要時間は休憩諸々込み4時間23分、例によってあちこち寄り道のカタクリ探訪ハイキングでした。

 参考 国土地理院電子地形図「佐野藤岡」
 
GPS軌跡図
 (カシミール3D使用)



 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。

(承認番号 平27情複、第236号)」  

 
 
  

 前回から1週間過ぎで会津辺りを予定していたが天気予報は×、困ったときのあのお山はまだカタクリは早そうということで5年ぶりに三毳山を再訪した。カタクリはほぼ満開、東口からのカタクリの園もなかなか見ごたえがあった。花追いの季節到来だねえ。


  前のページへ       2018年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ