城山(257m)

 粟野城山公園の城山は通称粟野中央尾根の東端にあるが、ごく最近、この尾根に新城跡が発見された。過去レポの城山はページにアップしてないので再々訪で西に進んでみることにした。

 
 南から城山
 2018年02月20日のお山めぐりは鹿沼市(旧粟野町)の城山(粟野城跡)である。

 城山麓にある駐車場から8時41分に出発、右のスカイローラー方面はカット、奥に山頂を目指す。

 ときどき麓を通り、山頂付近が伐採されていたことは知っていたが、再々訪の山頂はほぼ360度の展望台だった。今日は初めて奥に進むのだが地形図忘れがちょっと気になる。

もうすぐ山頂
      山頂から東
 

 山頂裏の削平地から右奥の堀切、その先の岩場にカモシカ君が一頭、
デジカメを構える間もなく右下に消えた。左の斜面は急降下だが進行尾根が見えるので行くしかない。今日のどきどき場面はここだけだった。

 藪もほとんどない緩いアップダウンの尾根、再び岩が出てきた尾根が最初の展望所で南の大倉山方面が目に入る。再び植林地の尾根を進んで三角点ピークを通過、下った鞍部には壊れた石祠を見る。

 
    急斜面を          18分で左に展望
  

 登り返した小ピークで南西の田原神社先支尾根に引き込まれてバックして修正、ここから333m評点ピークの新城はすぐだった。西進して次の360m級ピーク手前の下りの尾根は藪がうるさい。登り返しの東の肩から右に三峰山、その左奥に日光連山が目に入った。

 
10時23分に333mピーク 11時の360m級ピークから
    

 ときおり聞こえるチェーンソーの音、尾根には放置された伐採木が残り、歩きにくい。12時23分、植林尾根から雑木尾根に飛び出すと明るい尾根が右に続くが、本日ここまで。右の明るい尾根先は509m評点ピーク、ハナント山方面だが、今日は樹林越しに見える409m評点ピークが目的地なのだ。

 ランチ休憩13分で撤収、左に少し下って登り返した地点から右下へ派生する支尾根を辿る。この尾根の409m評点近くが遺跡ウォーカー&1997年埋蔵文化財地図にいう大越路城なのだが微妙な凹凸すら見当たらなかった。

 残地ワイヤの分岐尾根   409m評点ピーク
  

 おあとは成り行きまかせで南西に支尾根を下る。右へ右へ、そして最後に左へ下ると当初予定の二荒山神社に無事到着した。小学校脇から幹線道路を横断し田んぼの中の舗装路を歩く。駐車場所には14時45分の到着だった。

 駐車場(0:20)城山(0:23)点名「妙見寺」(0:50)新城333m評点ピーク(2:01)標高440m尾根分岐(0:21)409m評点ピーク(0:25)二荒山神社下の鳥居(1:23)駐車場所

 所要時間は6時間04分(歩行5時間43分)、微妙な凹凸探しの尾根歩きでした。

 参考 国土地理院電子地形図「中粕尾」「鹿沼」 
 
   
            GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」    

 409m評点ピークは空振り、そうすると寺窪城なども△×・・・。


   前のページへ      2018年の山      次のページへ

          ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ