古賀志山塊(細野山)

天気が不安定な今年の夏、困ったときのあのお山へ

 
 古賀志山・細野山・天狗鳥屋
 2017年08月19日のお山めぐりは古賀志山塊の細野山です。

 埼玉Oさんとは数年ぶり、今日はレンゲショウマほかの花探索です。

 7時47分に赤川ダム下駐車場から出発、雨模様で車が少ない。BBQ場を過ぎて右側斜面にキツネノボタンが点々と現れる。舗装路分岐は北コースの左ではなく直進の559mピーク、沢コースをめざす。

 次の分岐は左へ、舗装路両側にはキバナアキギリが咲き始めたが、キツリフネ、ミズタマソウ、マツカゼソウ等が咲く。石祠前の分岐は直進、左に立派な案内板の付いた二枚岩入口も通過、次の丁字路分岐で左上を選ぶ。

 時間も早いが車が少ない   キツネノカミソリ
  

 舗装路終点の広場からは豪雨で洗われた荒れた林道を注意して登る。559mピーク南西下の鞍部に出て鳩首会談、同ピークには寄らずに少し南の通称「ヌタ場コース」から下ることにした。中尾根西端のピークで救急車のサイレン、ヌタ場コース途中でヘリの爆音を聞くがいずれもすぐ遠のいた。

   沢コース     尾根へ出て左へ 中尾根西端への登り
   

 通称「広場」に出て、木材ベンチでランチ休憩していると警察官2名が富士見峠方面から下ってきた。道迷いで携帯から連絡があったが、無事降りたとのことだ。

 下る途中のイワタバコはまだ残っていた。水場の水は2本から勢いよく出ており、シュウカイドウは咲き始めだった。豪雨で露出した鉄管の大砲は2本とも健在、赤川沿いの新しく付けられた登山道からしばやま橋に出た。
 
   東尾根分岐の難場    水場       むき出しの鉄管
  

 赤川ダム西岸のシュウカイドウを見に行くがここも咲き始めていた。晴れ間が出てきた赤川ダムからは朝見えなかった古賀志山から天狗鳥屋までの冒頭画像が現れていた。

 レンゲショウマ イワタバコ   ミヤマウズラ シュウカイドウ
  
  

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

細野山について
 
Mt.kogashi t.kogashi・NPO法人古賀志山を守ろう会・会報誌第 8号 発行人 池田正夫様 発行日 H28年9月20日から「Ⅵ 福岡町細野山に道標設置予定 宇都宮森林公園の赤川ダム周辺から視界に入る一帯は、宇都宮市福岡町に属し細野山である。古賀志山頂から北に延びてP559に至り、更に手岡峠から通称北尾根コースをひと回りする内側一帯を指す。通称北コースや中尾根コースは細野山である。・・・。」とあり、今日歩いた中尾根西端520m級の小ピークは細野山の1ピークのようだ。とすると最高峰は通称「559mピーク」だろう。

   前のページへ      2017年の山      次のページへ

            しろうと山ヤの部屋トップページへ