雨巻山
雨巻山(533.3m)から東小丸山(430m級)
御嶽山(433m)足尾山(413.1m)


今日は気温も28度の予想で低山でも汗は少なそう。
そろそろイワタバコが咲いたろうか?
2年連続で通っているお山を覗いてみよう。

 
  北西から            足尾山↓↓御嶽山↓雨巻山     
  

 2017年08月02日のお山めぐりは雨巻山です。

 大川戸の登山者駐車場から9時47分に出発、今日は花探索なので沢コースへ向かう。樹林帯に入ってすぐに登山道脇に今日の目的その1の普通のハグロソウを見る。次いで白花のハグロソウも3年連続です。

    登山者駐車場     ハグロソウ 白花のハグロソウ
   

 民家の犬の歓迎を流して奥へ、右にメインコース・尾根コースを見送って沢コースへ入る。今日の目的その2のイワタバコは咲き始めたばかりだった。枯れている水場を通過し、左上のジグザグ道を登り詰めて尾根に付いた登山道に出て右上に進み、無人の雨巻山でした。

  咲き始めたイワタバコ    鎖も        雨巻山頂へ
   

 さて、ランチ後の山頂でPさんと協議で十数年歩いていない御嶽山・足尾山経由で下ることにした。

 「460mピーク」、「453mピーク」の名板を見て先から茨城県からの女性2名とスライド、先の猪ころげ坂は急降下だが細かいジグザグ道が整備されていた。鞍部からは緩いアップダウンの尾根、「峠」の十字路は直進で20分ほど進んで聞いたことのない「東小丸山430m」の板を見るが、西もあるのだろうか。

 
   猪ころげ坂          東小丸山
  

 少し下って左に道が下るが、直進して御嶽山へ向かう。山頂には先客の若い男性が1名、西下の石の手水鉢の広場から振り返れば山頂の周りは石積になっている。山頂の東側は狭い平地が巻いているが堀切はなかった。

 山頂から至近距離に足尾山が浮かぶが、登山道は鎖付きで急降下だった。傾斜が緩んで鞍部から登り返して展望のない足尾山だが、いずれも記憶はぶっ飛んでいる。刈開けた尾根が進んでいるが左に下る。

 御嶽山から足尾山方面    名板      足尾山の名板
   

 ジグザグ下りから沢沿い・沢の中を下り、一か所ロープ付きの沢を下る地点は、暗くなってきたお空と合わせて要注意だ。次の分岐は直進の地蔵院ではなく左上の大川戸へ小尾根を越える。小沢沿いを下って舗装路に合流し、右に下ると登山者専用駐車場で、とたんに小雨が落ちてきた。

 駐車場(0:39)沢コース分岐(0:45)分岐(0:06)雨巻山(0:03)分岐(0:38)峠(0:18)東小丸山(0:16)御嶽山(0:11)足尾山(0:25)地蔵院分岐(0:13)駐車場

 所要時間は4時間01分(歩行3時間34分)、花探索の低山ハイクだった。
 
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 7月末から北東風で気温が低くしのぎやすい。去年は8月04日で遅れ気味だったイワタバコ、今年は下のほうが開花したばかりで、見ごろはもう少し後のようだ。やっぱり10日は違うのかなあ。

 GPS軌跡図(カシミール3D使用)


前のページへ     2017年の山    次のページへ

ようこそしろうと山ヤの部屋トップページ