古賀志山2017

ちょっと遅いか?今日はアカヤシオとカタクリです。

湖畔から古賀志山
 2017年04月12日のお山めぐりは困った時のあのお山です。

 中尾根のカタクリ、アカヤシオ、そして今年お初の山頂から東稜背後のカタクリ谷を下ることにした。

 いつもの赤川ダム下駐車場からスタート、ポツポツ登るハイカーさんに混じる。湖畔右上のアカヤシオは満開だった。ハイカーさんたちと別れて細野ダム方面へ進み、別ルートから中尾根に向かうと斜面のカタクリは満開だった。あらあら古賀志で初のヒトリシズカが顔を出していた。

       カタクリ            ヒトリシズカ
  

 途中から合流の数名の男女に先を譲り、しばし鑑賞・撮影タイムだが白はない。中尾根に乗り右へ進むと尾根の左右にアカヤシオが現れる。去年は降雪後の傷んだ花だった。

 中尾根西端の丁字路ピーク横のアカヤシオを見て左下に富士見峠に向かう。展望ピークの天辺にもアカヤシオが咲いていたが大休憩中の男女が見えたのでパス、富士見峠に向かう。

  中尾根西端のアカヤシオ   尾根上のアカヤシオ
  

 風邪っぴきのリハビリで足もやや重い。今年初の山頂には2グループのみで静かだった。帰路は東稜に向かう途中から左に下る。上部のカタクリは新鮮だが下部は終わり気味なので東尾根方面は終わりだろう。

 「広場」で誰かが植えたのだろうか、サクラソウを見た。「水場」は2本とも勢いよく噴出、やっぱり雨の後だなあ。沢沿いでキクザキイチゲ、カタクリ、咲き始めのニリンソウを見て駐車場に戻る。

 所要時間は休憩花追い込み4時間20分でした。

 参考 国土地理院電子地形図「大谷」

     GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 今週は山梨遠征の予定だった。何年かぶりに風邪をひいたが1月末から体調が崩れていたようだ。無理しているつもりはなくともなあ。ということで困った時の古賀志山だった。

 過去レポ

2007.07.16

2008.12.07

2009.09.25

2012.09.05

2013.08.21

2014.04.02

2015.03.25

2015.05.10

2016.03.12


前のページへ         2017年の山       次のページへ

    ようこそしろうと山ヤトップページ