深間山

仏生寺山(428.9m)・深間山(450m)
宝篋山(461m)


那須のお山か、埼玉か。それとも茨城?
いつもの起床遅れから第三候補のお山へ向かう。

 2017年02月16日のお山めぐりは茨城県の地形図無名峰「仏生寺山」「深間山」、再訪の宝篋山です。

         ↓仏生寺山      ↓深間山  ↓宝篋山
  


 北条大池北にある市営平沢駐車場から10時08分に出発、不動峠を目指す。通行止めの表示があるが、途中から破線路を行く予定なのでそのまま進む。もしも途中で×なら引き返す予定だ。

 まもなく不動峠まで行くという年配男性に追いつく。お話ししながら少し進んで、予定の破線路手前で支尾根を直上する踏み跡を発見、路肩に「宝篋・筑波山トレイル」「←田井 不動峠→」の案内板があり、私達の後を件の男性が続く。

     
市営駐車場      先行者     左に案内板と道形
   

 幅広道はすぐに踏み跡になり、尾根に出て右へ進む途中で消失、お約束の笹薮こぎになる。表筑波スカイライン(以下「スカイライン」とする。)直下の薮はしばらくぶりの密薮で、ときおりイノシシの堀った穴に落ちそうになる。左に進んで、ほどなく明瞭な道に出た。左下はパラグライダーフライト場か、展望が広がる。右上に登り返してスカイラインだった。

     道は消失        笹薮へ  パラグライダーフライト場?
   

 反対側には仏生寺山の三角点に至る踏み跡の入口が見えた。男性はそのまま不動峠へ下り、私たちは仏生寺山に登る。道は一部笹に遮られるが迷うほどではない。山頂は刈り払いされているが、雑木に囲まれ展望はなかった。

       ↓ここから    刈り開け道      山頂へ
   


 エネルギー補給の小休憩の後、往路を戻る。ここからはスカイラインを南東進、不動峠から登り返して深間山だが、破線路入口と勘違いして電線の下の刈り開けの道形を直線的に登る。直下で右上に方向を変えて登りついた山頂も展望はなかった。

   深間山へ向かう   電線下の道形を  深間山の山頂にて
   

 山頂の電波塔をデジカメに収め、そさくさと撤収、幅広道を下る。左から来る道と合流し右に宝篋山へ向かう。14時に近い山頂には4組10名近くのハイカーが憩う。浅間神社の後ろのベンチで遅いランチとした。遠くの展望はないものの北に筑波、南に霞ケ浦が見える。

   山頂から筑波山       霞ヶ浦方面
  

 帰路は山口1コースを下る。けっこう下ってから堀切ひとつ、あれっこっち側にあったかな。(帰ってからネット探索・やっぱり堀切だった。)宝篋名水でペットボトルに詰め替える。一度来ているのだがここは記憶にない。

 人里に出て梅の花、遠く筑波の山頂部、右や背後に歩いた山々を見て駐車場所には15時15分の到着だった。

 平沢駐車場(1:45)仏生寺山(1:00)深間山(0:26)宝篋山(1:10)平沢駐車場

 所要時間は5時間07分(歩行4時間25分)、未踏の地形図無名峰探索でした。

       GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 仏生寺山下スカイラインまでの標高差約100mは破線路消失、直登は笹薮、右の樹林下はときどき現れるジグザグ道形があった。しかし笹薮最後は一級品で、しばらくぶりに腕に筋肉痛が出た。

  前のページへ        2017年の山      次のページへ

                   トップページ