傾城森
傾城森(446m)山伏森(390m)

道の駅「七ヶ宿」で車中泊
深夜近くに止まったトラックのエンジン音に悩まされたS&P
今日はすぐそばのお山にGo!

七ヶ宿大橋から

 2016年11月13日のお山めぐりは傾城森(けいせいもり)と山伏森です。

 道の駅の東の湖畔公園をお散歩、ひと息入れて9時25分に出発した。


 旧道を北西進、国道に合流して左折、橋を渡る。すぐに左に案内板があり左折して砂利道を入ると赤い吊り橋が見える。登山口はここだ。

 橋を渡って樹林帯についた疑似木の階段道を登る。左は岩ゴロゴロの斜面、右下は切れている。丁字路左は山伏森だが、まずは直進の傾城森とした。(実は周回ルートがあった。最初に山伏森を登っていれば・・・。)

 道の駅下の駐車場から 登山口の吊り橋と山伏森
  

 登山道は緩く右から左上に登る。尾根に出るとそこは丁字路、山頂は左だが右は「道の駅1時間」とあった。左上を選択、鳥居を潜る。疑似木の階段道を登り切って10時19分到着の山頂からは松の木の間に峠田岳の山頂方面、番城山方面、南屏風岳・不忘山方面、ダム湖方面が望める。

  
  南屏風岳・不忘山      山頂にて
  

 撤収して山伏森へ下る。最初の丁字路分岐に戻る途中で野生の狐に初めて遭遇したが、後姿しか画像に取り込めなかった。この後電池切れだった。(´;ω;`)

   
  野生の狐        山伏森からダム湖
  

 丁字路分岐から右上へ、さっきより緩めの山頂からの展望はダム湖方面がほんの少しだけだった。

 駐車場所(0:54)傾城森(0:23)山伏森(0:33)駐車場所

 所要時間は2時間12分(歩行時間1時間50分)、展望のピークハントでした。

 参考 国土地理院電子地図「関」

        GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 今朝は寒かった。前日は曇り時々晴れで不忘山方面は雲の中、今日は快晴で懐かしの不忘山が望めた。この付近はいくつか登りたい里山あり、道の駅起点で来年以降ですね。

    前のページへ     2016年の山     次のページへ

                 トップページへ