若見山(1026m)

Pさんは前回山行きから1週間
今日は晴れ、モミジも色づき始めたようだが、会津は雨模様だ。

11月04日は曇り空
 2016年11月03日のお山めぐりは那須塩原市の若見山です。

 知人の別荘地から出発、送電線巡視路を忠実に登ることにした。(
別荘地は人も車も立ち入り禁止です。通常は国道沿いから登ることになります。)

 最初は石段、尾根を右へ越えて少し下ってところは「栃木の山100」でタラの木がいっぱいと照会があった場所だが、ここから登りになる。16号鉄塔への分岐は左の17号鉄塔へ向かう。尾根に復帰手前のプラスチックの階段でチリチリ音、尻尾の先を振っているマムシが一匹睨んでいた。

  
昔々タラノキ林の斜面    睨むマムシ君
  

 そろそろモミジが紅葉する標高になってきた。少し先でキックバックで右上に方向変換、再び尾根を越えて雑木帯の長い右斜面の緩登となり、再度左上にキックバックで登る。

 明るい赤のモミジが一本、その先で右上に方向変換して登ると17号鉄塔敷だ。ひと息入れて奥の尾根に入る。ツツジの黄葉の尾根からやや下りになり、巡視路と別れて道のない尾根の分岐地点の左は真っ赤なモミジが見えた。

 尾根上から左下に先ほどの紅葉が見え、太めのブナが出てくる。空は雲がかかったり、取れたりしていた。

  
  分岐近くの紅葉      若見山へ     もうすぐ山頂
   

 最後の幅広斜面を小さくジグザグに登って到着の山頂左には今が盛りの赤い紅葉があった。今日は風が強く寒い。冬模様の風でフリースを羽織り、折り畳み椅子を出して紅葉の下でランチとした。

    
山頂西の紅葉    山頂は名板がにぎやか
  

 帰路は国道に下る予定だったが、雲がとれなくなってきたので往路を戻ることにした。

 駐車場所(1:32)山頂(1:05)駐車場所

 所要時間 3時間01分
 歩行時間 2時間37分

 参考 国土地理院電子地図「塩原」

 前日雨から今日は冬模様の北風だった。若見山の山頂付近はモミジの最盛期でした。11月04日は深夜から雨、昼も吹っかけの雨粒がポツポツ、もう冬だねえ。会津方面もあと一回かなあ。

    前のページへ     ホームへ     次のページへ