南月山
白笹山(1719m)・南月山(1775.8m)

しばらくぶりの快晴の予報
遠出は御遠慮して近間の那須を歩いてみよう。

南月山は中央奥

 2016年10月15日のお山めぐりは再訪の白笹山から南月山です。

 8時少し前到着の沼っ原駐車場は満杯だったが、トイレ東の道路終端に2番目で駐車できた。

 8時05分に白笹山に向けて出発する。いったん下りになった出発30分後に若い男性に道を譲る。枯れ沢を過ぎて右上の登りになって葉っぱにも色がついてきた。左上に方向変換して木の間から左に大佐飛山方面が目に入る。

    
駐車場は満杯   枯れ沢を過ぎて   大佐山方面
   

 だんだん県境方向が開けるようになると左下から女性の声、右上にも男女の声が聞こえる。進行方向左に茶臼岳が頭を出してきて、右上に方向を変える。

 白笹山頂手前で後発の若い女性2名に道を譲るが、最近この抜かれるパターンが気にならなくなってきた(/_;)。 9時50分3度目の白笹山の頂を通過する。

  
三倉山・大倉山方面      茶臼岳が
  

 下りになって茶臼岳から南月山が目に入る。白笹山ピストンならほんの少し先に進んでここまで来るべきだろう。少し下ると4人の男女、2グループだったが、道を譲られた。

     
白笹山の頂         茶臼岳と右に南月山
  

 鞍部から緩い登り返しの途中でエネルギー補給の5分休憩だが、再び最後尾となる。登山道が尾根の右側になると180度の展望で先ほど通過の白笹山もデジカメに落とすことができる。

 南月山から下ってくるハイカー2名とスライド、背丈の低い灌木の間を抜けて3度目の南月山には10時36分の到着だった。左の石祠の上に見える大倉山・三倉山も灌木で見えにくくなってきたように思える。

            
南月山からの展望
 

 帰路は日の出平経由で下ることにして奥へ進む。日の出平から左に進むと最初は灌木の中で展望はないが、ほんの少しの登り返し部分で背後に茶臼岳、左に南月山が見える。白い案内標柱を過ぎて日の出平の尾根末端に出ると紅葉付きの180度のパノラマが広がる。

 登山道は白笹山を見ながら右に方向を変えていく。赤のツツジの紅葉の先に三倉山、その下には笹の斜面についたトレースが見え、女性の複数の声が聞こえる。

 
    ↓白笹山    ↓大佐飛山塊     残りモミジと三倉山方面
  

 樹林帯に入って白笹山で会った男女2名、そして4名の女性グループの先に出た。(下りは相変わらずだのう。)男性1名のお食事中の地点の前が開けて今日一の紅葉が目に入った。

 登山道は左に方向を変えて枯れ沢を渡ると沢沿いに下る。分岐は左へ、紅葉もこの辺りまで降りてきているようだ。東ボッチは残雪期に回すことにして沼っ原湿原にも寄らずに下る。帰り車の出始めた駐車場には13時ちょうどの到着だった。

 沼っ原駐車場(1:45)白笹山(0:40)南月山(0:20)日の出平(1:40)沼っ原駐車場

 所要時間4時間55分
 歩行時間4時間25分

 参考 国土地理院電子地図「那須岳」

 スズメバチも福島県以北は今週までだろうか、今日は登り出し標高1200m以上の沼っ原から出発で、昆虫どもの姿はない。紅葉は1500m付近まで降りてきたのだろうか、山頂は終了していた。来週辺りドタキャンなければ二口山塊辺りか。南の方も呼んでいるのだがなあ。

    前のページへ     ホームへ     次のページへ